東海北陸道高速バス高岡・氷見線5便(加越能バス708号車)

前回の名古屋日帰り旅の帰路となります。

映画鑑賞含めた全ての要件が終わったので名鉄バスセンターに戻ります。

そしてこちらの路線で地元に帰ります。

f:id:hide2san:20190227144233j:plain

今回帰路に選択したのはいつもの14時50分発の加越能バス名古屋線5便でした。

そして車両が入線、改札を受けてホームに入ります。

f:id:hide2san:20190227144439j:plain

本日5便に配車されたのは往路で乗った708号車でした。どうやら冬季のため折り返しが

1便後ろ倒しとなっているようです。

f:id:hide2san:20190227144400j:plain

撮影を済ませ車内に入ります。

f:id:hide2san:20190227162800j:plain

そして復路の自席もこちらのA1席となります。

f:id:hide2san:20190227162736j:plain

遮光スクリーンが下がっていますが日没まで前景を楽しみたいと思います。

f:id:hide2san:20190227144603j:plain

14時50分定刻名鉄バスセンターを発車。名駅入口から名古屋高速、一宮ICより名神高速

道路、次の一宮JCTから東海北陸自動車道(以下東海北陸道)を走行。

途中高速各務原と高速美濃で乗車扱いを行います。

高速美濃から40分ほど走行したところでひるがの高原SAに到着。

f:id:hide2san:20190227163602j:plain

16時40分まで約15分休憩となります。

f:id:hide2san:20190227162817j:plain

f:id:hide2san:20190227163409j:plain

f:id:hide2san:20190227163457j:plain

f:id:hide2san:20190227163646j:plain

f:id:hide2san:20190227163545j:plain

人数確認とポイントカード押印後にひるがの高原SAを発車し本線に戻ります。

約1時間程で城端SAに到着し降車扱いを行います。

小矢部砺波JCTより北陸自動車道へ、次の砺波ICで降りて一般道走行となります。

そして降車バス停加越能バス本社前に到着。

f:id:hide2san:20190227185955j:plain

f:id:hide2san:20190227190011j:plain

往路同様快適なバスの旅が終わりました。
 

【乗車メモ】

路線名   東海北陸道高速バス高岡・氷見線5便

乗車日   2019年2月27日(水)

担当    加越能バス

乗車区間  名鉄バスセンター〜加越能バス本社前

座席    1号車A1席(ハイウエイバス.com予約)

車両    日野セレガハイデッカ夜行高速路線

登録番号  富山230い708

車内設備  トイレ、フットレスト、レッグレスト、テーブル、充電用USBコネクタ

      フリーWi-Fi、毛布(数量限定)、新聞