東海北陸道高速バス高岡・氷見線5便(加越能バス704号車)

北陸鉄道の名古屋線乗車の帰りのお話です。

帰路は定番の地元加越能バス名古屋線下り便を選択しました。

f:id:hide2san:20200227123226j:plain

名古屋市内で昼食と要件を終え名鉄バスセンターに戻りました。

今回乗車するのは14時50分発の5便でこちらも下りの定番の便となります。

発車10分前に車両が入線。

本日配車されたのはセレガハイデッカ704号車でした。

f:id:hide2san:20200227123842j:plain

f:id:hide2san:20200227124012j:plain

 f:id:hide2san:20200227124157j:plain

※加越能バス本社前で撮影

本日はこちらのA1席を確保することが出来ました。

f:id:hide2san:20200227124817j:plain

※ひるがの高原SAにて撮影

14時50分定刻に名鉄バスセンターを発車。

名駅入り口より名古屋高速、一宮ICより名神高速道路、一宮JCTより東海北陸自動車道

を走行。途中の高速各務ヶ原と高速美濃で乗車扱いを行います。

高速美濃から約40分程でひるがの高原SAに到着。

f:id:hide2san:20200227125312j:plain

16:35まで約15分休憩しますf:id:hide2san:20200227125324j:plain

f:id:hide2san:20200227125414j:plain

f:id:hide2san:20200227125430j:plain

f:id:hide2san:20200227125445j:plain

f:id:hide2san:20200227125456j:plain

 休憩を終えひるがの高原SAを発車、本線に戻ります。

約1時間走行したところで城端SAに到着し降車扱いを行います。

小矢部砺波JCTより北陸自動車道に入り次の砺波ICで高速道走行は終了。

この先砺波市内と高岡市内で降車扱いを行いながら進行。

そして終点1つ前の加越能バス本社前に到着。

f:id:hide2san:20200227130312j:plain

f:id:hide2san:20200227130331j:plain

f:id:hide2san:20200227130343j:plain

今回はここで下車しました。

【乗車メモ】

路線名   東海北陸道高速バス高岡・氷見線5便

乗車日   2018年6月21日(木)

担当    加越能バス

乗車区間  名鉄バスセンター〜加越能バス本社前

座席    1号車A1席(ハイウエイバス.com予約)

車両    日野セレガハイデッカ夜間高速路線

登録番号  富山230い704