北陸道高速バス金沢線 HT12008便(北陸鉄道33-994号車)

前回の乗車レポートで紹介しました北鉄金沢バス同様に北陸鉄道の名古屋線にも新型

エアロエースが投入されました。

ほぼ固定運用という情報もあったのでヤマを掛けて乗車してみることにしました。

そして乗車当日バス乗り場で入線待ちをする自分の前にやってきたのは.....

f:id:hide2san:20180621102402j:plain

お目当ての最新型ではなく前ロットの車両でした。

f:id:hide2san:20180621082511j:plain

f:id:hide2san:20180621082720j:plain

本日配車されたエアロエース33-994号車ですが今から5年前に乗車した車両でした。

その時は最前列席に乗れなかったのである意味結果オーライかもしれません。

撮影を終え改札を受け車内に入ります。

f:id:hide2san:20180621101717j:plain

フローリング調フロアにダークグレーのシートが並ぶ最後部トイレの昼行路線仕様レ

イアウトで天井にはプラズマクラスター空気清浄機が設置されてます。

f:id:hide2san:20180621082831j:plain

シートはテーブル、フットレスト(最前列席除く)、センターアームレスト付き。

これに全席充電用コンセントが加わります。 

今回はこの1A席で名古屋まで車窓を楽しみたいと思います。

定刻8時30分に発車、金沢市内の武蔵ヶ辻、香林坊、片町バス停で乗車扱いを行

い金沢西ICより北陸自動車道に入ります。

北陸道上で松任海浜公園、北陸小松、尼御前で乗車扱いを行います。

尼御前を発車し本線に復帰、約50分程走行し休憩個所の南条SAに到着。

f:id:hide2san:20180621101945j:plain

ここで約15分休憩します。

f:id:hide2san:20180621102245j:plain

f:id:hide2san:20180621102227j:plain

f:id:hide2san:20180621102335j:plain

f:id:hide2san:20180621102113j:plain

休憩を終え南条SAを発車します。

約1時間程で米原JCTから一宮ICまで名神高速道路を走行。

前回乗車時はこの先は国道22号線を走行していましたが昨年から名古屋高速3号一

宮線に経路が変更となりました。

交通量が多く流れが悪かった国道走行時代とは違い流れは終始スムーズ。約10分程で

明道町出入口を降り名古屋市内を走行し終点に向かいます。 

この先渋滞もなく流れは順調、終点名鉄バスセンターにほぼ定刻に到着しました。

f:id:hide2san:20180621122035j:plain

f:id:hide2san:20180621121900j:plain

約5年ぶりの乗車となりましたが快適な旅が無事終わりました。 

次回こそは最新型に乗車するぞと思いつつ名鉄バスセンターをあとにしました。

【乗車メモ】

路線名   北陸道高速バス金沢線 HT12008便

乗車日   2018年6月21日(木)

担当    北陸鉄道

乗車区間  金沢駅前〜名鉄バスセンター

座席    1号車1A席 (ハイウェイバス.com)

車両    三菱ふそうエアロエースハイウェイライナー昼行線

登録番号  金沢200か513

社番    33-994号車