池袋〜富山・高岡・氷見線2便(富山地方鉄道705号車)

8月の中盤に関東行きの案件があり池袋・新宿〜富山・高岡・氷見線の昼行便に乗って参りました。

乗車当日富山駅前のバス乗り場で入線を待つ自分の前にこの車両が入線しました。


本日配車されたのはセレガハイデッカ705号車でした。

1月は移籍車ながらも新鋭車だったのですが運用がランダムゆえこのようなケースが発生するのは仕方がないところです。

車内に入り改札と駐車サービス券、スタンプカードの押印をいただき自席A1席で発車を待ちます。

  

全席独立の乗客定員28人、床下トイレの夜間高速標準レイアウト。シートはフットレスト、レッグレスト付きですがコンセントはありません。

発車時刻となり富山駅前を発車、国道41号線を走行し市内4箇所で乗車扱いを行い富山ICより北陸自動車道(以下北陸道)に入ります。

    

滑川、魚津、黒部バス停で乗車扱いを行います。黒部を発車すると次は休憩地の越中境PA、どうやら昼行便も休憩地を変更したようです。

  

越中境PAに到着、ここで1回目の休憩を行います。

発車時刻となったので越中境PAを発車、北陸道に戻ります。

新潟県に入りトンネルを何本か通過したところで親不知ICの洋上区間を走行します。

  

トンネル連続区間が終わり上越JCTから上信越自動車道(以下上信越道)に入ります。

  

順調に進行していたのですが長野IC付近で工事の影響で渋滞が発生しノロノロ運転となってしまいました。

流れが良くなったところで案内放送が入り2回めの休憩地松代PAに到着しました。

  

ここで9時10分まで約10分間休憩となります。

撮影を終えPAの売店に向かい買い物を済ませ車内に戻ります。また自分がラストらしく程なく発車となりました。

本線に戻り更埴JCTを通過します。

  

群馬県に入り碓氷軽井沢ICを通過、旧信越本線をオーバークロスします。

  

この先の藤岡JCTから関越自動車道に入ります。

  

ここで上里SAに到着の案内放送が流れ上里SAに到着しました。

  

ここで最後の休憩を行います。

休憩を終え上里SAを発車。本線に戻ります。

  

最初のバス停の川越的場到着の案内放送が流れましたが今日は降車がなく本線通過となりました。

  

川越的場から約15分程経過したところで新座料金所に到着、ETCレーンを通過します。

  

新座から約5分ほど走行したところで関越道終点、この先新目白通りを走行します。

  

ここまでは順調でしたが道路工事の影響で渋滞が発生、延着は確実なものとなりました。

  

工事箇所を通過すると渋滞は解消、次の下落合駅は降車がなく通過。そして高戸橋交差点を左折し明治通りに入ります。

  

終点池袋駅東口到着案内が流れたところで金沢エクスプレス5号とスライド、最近大阪より異動したノーマルシート架装のセレガハイデッカでした。

  

定刻より約18分遅れで終点池袋駅東口に到着しました。

途中予想外の渋滞はありましたが今回も終始快適なバスの旅が無事終わりました。

【乗車メモ】

路線名   池袋・新宿〜富山・高岡・氷見線 2便

乗車日   2017年8月22日(火)

担当    富山地方鉄道

乗車区間  富山駅前〜池袋駅東口

座席    1号車A1席(発車オーライネット予約&決済)

車両    日野セレガハイデッカ夜間高速

登録番号  富山230あ705