北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

京都昼特急広島1号(中国ジェイアールバス641-4910号車)

今から7年前に広島に行って参りました、その往路と復路に乗車した高速路線のレポートを公開いたします。

往路は京都と広島を結ぶ京都昼特急広島1号、次回のダイヤ改正で山陽道昼特急広島号と統合し路線名も消滅となります。

時間があるので買い物を済ませ乗り場に戻るとこちらの車両が乗り場に入線していました。


本日配車されたのはガーラSHD夜間高速でして以前から乗ってみたいと思っていた車両でした。

撮影を終え改札を受け車内に入り自席の1A席に座ります。

  
※淡河PAで撮影

車内は3列独立シート(最後部4列)の乗客定員29人、中央部床下トイレの夜間高速路線標準レイアウト。

シートはフットレスト(一部席除く)、レッグレスト、テーブル内蔵の両側アームレスト付。

自席にフットレストが無いのが唯一残念なところですが広島まで快適に過ごすことができそうです。

乗車扱いが終わり、定刻8時40分に京都駅を発車しました。

  

ここからは定番のルートで京都南ICまで向かいます。

  

国道1号線に入り両備バスと本四海峡バスの高速路線車とスライド。

  

京都駅から約15分程で京都南ICに到着。

  

ETCレーンを通過し名神高速道路に入ります。

  

この先の名神大山崎バス停で乗車扱いのため停車、ここで乗車は無く即発車となりました。

  

天王山トンネルを通り大阪府に入ります。

  

名神高槻バス停に到着、ここで最後の乗車扱いを行います。

  

乗車扱いを終え本線に戻ったところで名鉄バスの高松線と遭遇、この路線も未乗車のままなのでいつか乗ってみたいと思うところです。

  

吹田JCTを通過し中国自動車道へと入ります。

  

しばらくは大阪モノレール線と環状線と並走、離合したところで両備バスの大阪線とスライドしました。

  

神戸JCTを通過し山陽自動車道に入ります。

  

最初の休憩地の淡河PAに到着、ここで約10分の休憩となります。

休憩が終了し同PAを発車、上り側には下津井電鉄の京都線のセレガRが停車していました。

  

本線に戻り次の休憩地の吉備SAに向かいます。三木JCTを通過左に進めば四国に行けるのですが当然のことですがそのまま直進します。

  

山陽道本線は交通集中は無く順調に進行していきます。

  

また両備バスの大阪線とスライド、この路線の運行頻度の高さが伺える光景でした。沿線には桜が咲いているところがあり春間近であることを実感。

  

ここで雨が降り始めワイパーも作動したのですがすぐに止みました。ここから5分ほど走行したところで山陽新幹線をアンダークロスします。

  

ここで兵庫県とお別れ、岡山県に入ります。

  

吉井川を渡りしばらく進むと山陽道昼特急広島4号のエアロキングとスライド。やはりこのデザインの方が似合ってますね。

    

岡山ICを通過したところで2回めの休憩地吉備SA到着の案内放送が入ります。本線を離れ同SAに到着しました。

  

この路線は全線ワンマン運行なのでここで乗務員交代を行います。

トラックの横に停車したので運転席側が撮れなかったのは残念(´・ω・`)

休憩が終わって同SAを後にしました。本線に戻り岡山JCT、倉敷JCTを通過していきます。

  

広島まであと140kmまでとなりました。程なく高梁川を渡ります。

  

倉敷の街を見ながら進行、曇り空から一転して晴天となりました。

  

この先で山陽道昼特急広島6号とスライド、この車両も塗装が変更されていました。

  

芦田川を渡ります。この先15分程走行したところで案内放送が入り最後の休憩地八幡PAに到着しました。

  

周囲に車がなかったのでここでようやく4面の撮影が出来ました。

休憩が終わり本線に戻ります。中国バスのスーパークルーザーを追うように進行、山陽本線をオーバークロスします。

  

10分程で高屋JCTを通過、東広島呉自動車道と接続していて真新しい黒い舗装が印象に残りました。

  

この先幾つかカーブ区間を通過していきます。

  

目の前に広島の市街地が見えてきたところで太田川を渡ります。

  

橋を渡りきったところで広島ICに到着。ここで山陽道とはお別れしETCレーンを通過します。

  

この先は国道54号線祇園新道で広島市内中央部へと向かいます。

  

国道を離れ中筋駅に到着し降車扱いを行います。

  

中筋駅を発車アストラムラインにそって進行します。

  

次の不動院バス停で降車扱いを行い再び国道に戻ります。しばらく進むと左に広島城が見えてきました。

  

国道を離れそのまま直進、広島市民球場の横のスロープを上り広島バスセンターに到着。降車扱いを行います。

  

降車扱いを終えスロープを降りていきます。

  

この先は城南通りを走行し終点広島駅に向かいます。

  

上柳橋東詰交差点を左折し山陽本線をオーバークロス、山陽新幹線をアンダークロスします。

  

途中で広島電鉄の浜田線、南海バスの広島線とスライドしました。

  

終点広島駅新幹線口には14時17分に到着、約20分遅れの運行でした。

京都駅から約5時間40分の長いようであっという間の快適な旅が終わりました。

【乗車メモ】

路線名  「京都昼特急広島1号」

乗車日   2010年3月26日(金)

担当    中国ジェイアールバス

乗車区間  京都駅烏丸口〜広島駅新幹線口

座席    1号車1番A席(みどりの窓口発券)

車両    いすゞガーラSHD夜間高速

登録番号  広島200か699

社番    641-4910号車

※現在は山陽道昼特急広島号に統合されております。