北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

池袋・新宿〜富山線2便(富山地方鉄道707号車)

8月以来約1ヶ月ぶりの更新となります。

6月に東京方面へ日帰り旅行に行って参りました。その往路に乗った路線の乗車レポートをアップいたします。

車を駐車場に入れて富山駅前のバス乗り場にやってきました。

どの車両が配車されるのかなと楽しみにしておりましたが既に入線済というネタバレ状態。

今日はこちらの車両で東京に向かいます。


配車されたのはセレガハイデッカ707号車。前回は古参車となるスペースアローでしたが今日は比較的新しい車両となりました。

改札を受け車内に入ります。

  
※蓮台寺PAで撮影

車内は最後部まで独立の乗客定員28人、トイレは床下という夜間高速標準レイアウト。

そのトイレ前にはサービスコーナーがあり紙コップもセットされていましたがこの路線は飲料サービス未実施の為使用することはできません。

そして本日の座席はこちらのA1席となります。

シートはフットレスト、レッグレスト付。そしてアームレストの下にはコンセントが設置されております。

最近の車両のように窓際のアームレストが無いのが残念ですが快適過ごせるのは間違いなさそうです。

定刻の6時に富山駅前を発車、市内4箇所で乗車扱いを行い富山ICより北陸自動車道(以下北陸道)に入ります。

この先滑川IC、魚津IC、黒部ICのバス停で乗車扱いを行います。

そして最後の乗車バス停の黒部ICを発車、本線に戻り1回目の休憩地蓮台寺PAに向かいます。

約30分程走行したところで案内放送が入り蓮台寺PAに到着、ここで約10分休憩となります。

休憩が終わり北陸道に戻ります。約30分程走行したところで上越JCTから上信越自動車道へ入ります。

上越JCTより約1時間程走行したところで案内放送が入り松代PAに到着。ここでも約10分の休憩となります。

撮影を済ませPAの売店に向かい焼きたてのパンを買って来ました。

休憩が終わって本線に戻ります。約1時間30分程走行し藤岡JCTから関越自動車道に入ります。

5分程で上里SAに到着、ここで最後の休憩を取ります。

休憩が終わって同SAを発車、この先川越的場バス停から降車扱いが始まります。

本日は降車がないので川越的場は通過、約15分程走行し新座料金所のETCゲートを通過します。

その新座から数分程で関越道終点に到達、この先は目白通りを走行します。

都内では練馬駅と下落合駅で降車扱いを行いますが本日は全員池袋東口までのためいずれも通過となります。

高戸橋交差点を左折し明治通りに入ったところで車内に池袋駅東口到着の案内放送が入ります。

そして終点池袋駅東口には定刻より約3分早く到着しました。

富山から約6時間30分の快適なバスの旅が無事終わりました。

【乗車メモ】

路線名   池袋〜富山線 2便

乗車日   2016年6月2日(木)

担当    富山地方鉄道

乗車区間  富山駅前〜池袋駅東口

座席    1号車A1席(発車オーライネット+コンビニ発券)

車両    日野セレガハイデッカ夜間高速

登録番号  富山230あ707

【追記】

この後は前日より始まったハイスクール・フリートスタンプラリーに参加。

  
左:横浜駅 右:横須賀駅

川崎、横浜、磯子、大船、逗子、横須賀駅を周りこのクリアファイルをいただきました。


(*´ω`*)

その後は東京駅に向かい北陸新幹線かがやき517号で富山に戻り日帰り旅は無事終了しました。