北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

北陸道グラン昼特急大阪号展示会(西日本ジェイアールバス641-16922号車)

西日本ジェイアールバスが運行する北陸道昼特急大阪号が8月1日にダイヤ改正となります。

今回の目玉は何と言ってもグラン昼特急号の新設でして同路線初のアッパークラス車での運行となります。

その車両の展示会が昨日7月23日に開催されましたのでその時のことをこれからアップ致します。

北鉄金沢バスの高岡線で香林坊バス停で下車し会場のしいのき迎賓館に向かいます。

5分程で現地に到着しましたがそこには車両の姿がありません、どこにあるのかなと思って後ろに回ると....

そこには真っ白のいすゞガーラハイデッカ夜間高速路線の姿がありました。

車両は関西〜関東路線で使用されているタイプと同仕様ですが初期導入ロット同様床下仮眠室が設定されております。

今後北陸ドリーム大阪号にも導入されることを前提としたものかと思われます。

リアにはISUZUのロゴが入っていました。最近導入された車両も同様の措置が採られている様です。

社番を見るとハイフンの次が16となっており本年度導入車である証となります。

では車内に入ってみます。

木目調の床材のステップをあがり客席に入ります。

  

車内は最後部まで独立の乗客定員28人の夜間高速用標準レイアウトで窓際のラックにはプライベートカーテンがあります。

  

トイレはこのように床下となっておりますが木目調でコーディネートされております。

そしてこの車両の特徴はこのシートです。

  

クレードルシートを改良したもので両側アームレストとその先にカップホルダーが追加されました。

  

シートにはレッグレストと最前列席やトイレの後ろの席を除き延長ステイとコンセントが設置されております。

その他フリーWi-Fiが実装されております。

ここで自分が指定するお約束の1A席に座ってみました。

  

先程の画像どおり他の席にあるレッグレストの延長ステイは無いのが厳しいところですがレッグレストを上げ少しリクライニングすると

座面がチルトアップするので足は浮いた状態になります。幸い両側アームレストがあるので何とかなるという印象ですが

前面展望に拘らないなら2番席以降を指定されることをおすすめします。

以上がこのグラン昼特急用のインプレッションとなります。

この車両を使用する北陸道グラン昼特急は8月1日より運行開始し金沢駅9時発と折り返し大阪駅16時10分発の1往復体制となります。

気になる追加料金は普通運賃で400円、早売は300円ですがこのサービスレベルが保証されるなら妥当では無いかなと思います。

私も早いうちに乗車してこのシートの乗り心地を体感してみたいと思います。

【メモ】

開催日   2016年7月23日(土)

担当    西日本ジェイアールバス金沢営業所

場所    金沢市しいのき迎賓館

車両    いすゞガーラハイデッカ夜間高速路線

登録番号  金沢200か631

社番    641-16922号車

撮影機材  CanonEOS80D/EF-S15-85mmIS USM

【追記】  この車両高速シャッターでは行灯のLEDが切れますので速度を落とすことをおすすめいたします。