北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

桜島号54112便(西鉄高速バス6020号車)

1月に実施しました高速路線を乗り継ぎして鹿児島に行く旅の最終回となります。

名古屋から西日本鉄道のどんたく号で天神に到着。その後同社の路線バスで博多駅に戻ります。

そして起点の博多バスターミナルに到着。

こちらの路線に乗って最終目的地の鹿児島に向かいます。


九州自動車道えびのPAにて
今回の旅の最終ランナーとして選んだのは「桜島号」でして約19年ぶり通算5回目の乗車となります。

乗り場で待っていたところに乗車便が入線、改札が始まります。

そしてこの便に配車されたのはこちらの車両でした。

今回配車されたのは西工C型スペースアローでした。

予約時に表示されるシートマップでこの車両かと思っていたのですが予想通りの結果となりました。

本音をいうと中央トイレのスーパーハイデッカーに乗りたかったのですが該当便の1A席は完売していたのでどうすることも出来ませんでした。

改札を受け車内に入ります。右側は独立、通路を挟んだ左側は2列という1+2のシートレイアウトでトイレは最後部配置。

シートはフットレスト(最前列除く)、レッグレスト、マルチステレオのコントローラー付。

そして各席の前のポケットにはDVD上映時に使用するヘッドホンが入っていました。

乗車扱いが終わり9時40分定刻に博多駅バスターミナルを発車。約13分程走行したところで天神高速バスターミナルの入口に差し掛かります。

  

スロープを上り構内に入り一旦ホームを通過、奥でUターンをして乗り場に着車しました。

  

乗車扱いを終え乗り場を後にします。大分交通のとよのくに号の後を追うように走行、天神北入口より福岡都市高速道路環状線に入ります。

  

料金所を通過、分岐を右に進行くすると博多ポートタワーが見えてきましたが雨天のため暗くなっていたのは残念でした。

  

この先のカーブを通過し道なりに走行、さらに進み福岡空港の横を通過。次の月隅JCTで福岡都市高速太宰府線に入り終点まで走行。

直結する太宰府ICより九州自動車道へと入ります。

  

この先筑紫野、高速基山、久留米インター、八女インターと4ヶ所で乗車扱いを行います。

 

八女インターから約30分程走行し最初の休憩地北熊本SAに到着しました。

休憩が終わって北熊本SAを発車。再び九州道を走行します。約1時間30分程経過したところで2回目の休憩地えびのPAに到着しました。

ふと上を見るとそこには九州道開通前にルートになっていた国道221号線のループ橋の姿が見えました。

休憩が終わって九州道に戻ります。

この先鹿児島空港南、高速帖佐で降車扱いを行います。本線料金所を通過し鹿児島北ICで九州道を降ります。

  

国道3号線を走行し鹿児島市内中心部へと向かいます。下伊敷、鹿児島中央駅前で降車扱いを行いましたが以前来た時の面影はありませんでした。

ここで全員が降車したので貸切状態で終点に向かいます。そしてほぼ定刻に終点鹿児島本港(高速船ターミナル)に到着しました。

すでに回送表示だったのは残念でしたが地元からバスを乗り継いた旅が無事終わりました。

ここからは歩いて宿泊先のホテルに向かいます。その途中でかつての終点いずろに立ち寄ってみました。

当時の面影が残っていたのは幸いでしたが先程の鹿児島中央駅前を含め19年という時代の重さを痛感した一瞬でした。

【乗車メモ】

路線名   桜島号54112便

乗車日   2016年1月14日(木)

担当    西鉄高速バス

乗車区間  博多バスターミナル〜鹿児島本港(高速船ターミナル)

座席    1号車1A席(ハイウエイバス.com予約)

車両    日産ディーゼルスペースアロー(西工C-Iボデイ)

登録番号  福岡200か1981

社番    6020号車

撮影機材  CanonEOS7DMarkII/EF-S15-85mmIS USM

※現在DVD上映サービスは廃止されております。