若狭舞鶴エクスプレス京都5号(西日本ジェイアールバス641-5973号車)

前回の飯田に続きまた映画鑑賞に行く旅に出ました。

今回の目的地は京都でして往路は高岡駅からあいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道で金沢駅。金沢駅から特急サンダーバードで京都駅というルートを選択。

京都駅から地下鉄と徒歩でMOVIX京都に向かい、「ARIATheAVVENIRE」という作品を鑑賞してきました。

ご覧になった方はご存知かと思いますが作品の中で「ミラクル」という言葉が幾度も出て来ます。

鑑賞を終え帰路に就くまでその言葉は頭の中に残っていたのですが、まさかそれが自分に起こるとは思いませんでした。


帰路に選択したのは昨年2月以来の乗車となる「若狭舞鶴エクスプレス号」でした。

この路線、京都縦貫自動車道が延伸によるルート変更と全便3列シート車での運行という大きな動きがありました。

京都駅の乗り場で入線を待っているとなんとこの車両が入線して来ました。

乗り場に入線して来たのはガーラ2000スーパーハイデッカー車でして金沢営業所が保有する車両と同じロットになります。

この便は本来クレードルシート架装のセレガハイデッカが運用に就くはずでして昨日も稼働していることは確認していたのですが

狙うことができないこの車両が配車されたのは、まさにミラクルということになりますね(っ´ω`c)

ただ車両前面の行灯のガラスがこのようにくすんでいたのが残念です。

改札を受け車内に入ります。

  
※小浜駅にて撮影

そこにはピロー付きのスーパーシートが並んでいましたが最後部は4列でトイレ上の空気清浄機がありません。

参考までに金沢所属の同型は納車当時はこれと同一仕様だったのを最後部を3列に改造と空気清浄機を設置したものです。

シートはフットレスト(最前列席とトイレ後ろの席以外)、レッグレスト、両側アームレスト付き。短距離運用のため毛布やスリッパはありません。

そのフットレストが無い1A席に座り、持参した使いきりスリッパに履き替え発車を待ちます。

14時定刻京都駅を発車。しばらく名阪近鉄バスの名古屋線のセレガとコンボイ状態で進行。堀川塩小路交差点を右折し国道1号線に入ります。

  

堀川五条交差点を左折し国道9号線へと進み山陰本線、阪急京都線の高架をアンダークロスします。

  

桂川を渡り、今度は阪急嵐山線をアンダークロス。その後トンネルへと入ります。

  

トンネルを抜けそのまま進行すると京都交通担当便のエアロエースとスライド。国道を離れ京都縦貫自動車道へと進みます。

  

沓掛ICより京都縦貫自動車道へ、ここから舞鶴若狭自動車道の小浜ICまでのクルーズが始まります。

  

本線上の篠本線料金所を通過、4車線道路であることに加え交通量も少ないので流れは順調でした。

  

沓掛ICから15分程で案内放送が流れ南丹PAに到着。ここで約10分の開放休憩を行います。

  

前回同様車外に出たのは自分だけでして、ドライバー氏も車内に留まったままでした。

休憩が終わり南丹PAを発車、本線に戻ります。程なく八木本線料金所のETCゲートを通過します。

  

4車線だった道路も園部ICから先は対面通行となります。

  

前回は終点だった丹波ICを通過、この先は新規開通区間を走行します。

  

丹波ICから数分ほどで京丹波PAを通過します。供食施設や売店などがあるので休憩地をここに変更して欲しいと思うところです。

  

  

車窓には山陰本線の立木駅が見えその直後に京丹波わちICを通過。丹波ICからここまでの所要時間は15分一般道走行だった頃の約半分に短縮されました。

  

この先は既設区間となりアスファルトの色も変わってきます。京丹波わちICより約10分で綾部JCTを通過舞鶴若狭自動車道に入ります。

  

合流時には4車線でしたが再び対面通行区間となります。

  

綾部JCTより約5分程で舞鶴西ICに到着。ここで舞鶴若狭道を降ります。
 
  

この先は国道27号線を走行し西舞鶴駅に向かいます。

  

西舞鶴駅前に到着、ここで降車扱いを行います。

その後ロータリーを回り京都交通の案内所の前に乗車扱いの為に停車、今回も乗車はなく即発車となりました。

  

再び国道27号線に戻り次のバス停の中舞鶴に向かいます。

  

西舞鶴駅から約15分程で中舞鶴に到着しましたが乗降共にありませんでした。

  

中舞鶴を発車。赤レンガ倉庫の横を走行して次の東舞鶴駅に向かいます。

  

約10分程で東舞鶴駅に到着。前回同様ここで自分以外全員降車し結果貸切で小浜駅に向かうことになりました。

  

東舞鶴駅前を発車、国道27号線に戻り舞鶴東ICに向かいます。

  

東舞鶴駅から約15分程走行し舞鶴東ICより舞鶴若狭道に戻ります。

  

舞鶴PAを通過ししばらく進行すると若狭湾が見えてきました。

  

次の加斗PAの手前で小浜線が見えてきましたが今回も電車の姿は見えませんでした。

  

舞鶴東ICから約30分程経過したところで小浜ICに到着、ここで舞鶴若狭道を降ります。

  

この先は県道24号線を走行し小浜市内へ向かいます。この先にある道の駅わかさ小浜構内に入りバス停に停車。降車は無いので即発車となりました。

  
 
再び県道24号線を走行。市役所前交差点で左折し国道162号線に入ります。

  

目の前には小浜駅が見えてきました。

  

17時2分、定刻より1分早く終点小浜駅に到着しました。

降車扱いを終えるとバスは小浜駅から去って行きました。


( ´Д`)ノ~バイバイ

今回2回めとなった若狭舞鶴エクスプレス号は京都縦貫自動車道の全通による時間短縮と全便3列シート車運用となったことで

さらに快適な路線となったことを実感しました。

またこの路線を利用するとは思いますが最前列席のフットレストは設置して欲しいところです。

この後は小浜線〜北陸本線〜IRいしかわ、あいの風とやま鉄道で高岡駅に戻り今回の旅は終わりました。

【乗車メモ】

路線名   若狭舞鶴エクスプレス京都5号

乗車日   2015年10月4日(日)

担当    西日本ジェイアールバス

乗車区間  京都駅烏丸口〜小浜駅

座席    1号車1A席(高速バスネット+クレジットカード決済)

車両    いすゞガーラ2000スーパーハイデッカー

登録番号  京都200か3102

社番    641-5973号車