中央道高速バス飯田線MB14108便(名鉄バス2803号車)

北陸ドリーム名古屋2号で名古屋駅に到着、朝食後次に乗るバスの起点名鉄バスセンターにやって来ました。

今回乗車するのは8時発の中央道高速バス飯田線超特急便でしてこの時以来約4年ぶりの乗車となります。

やはり気になるのは本日の配車でして、1本前はワイドシート+大型化粧室実装のエアロエースという大吉クラス。

さて自分が乗車する便に入る車両は如何に....


果たして自分はどの車両に乗れるのかなと思いつつ入線を待ちます。そして乗り場にやって来たのはこちらの車両でした。

今回この便に配車されたのはエアロエース2803号車。トイレは半室の標準タイプとなります。

それでもプライバシーガラス+アルミホイール実装のエアロエースが配車されたので自分としては満足しております。

改札を受け車内に入ります。

  

車内は補助席なしの4列シート、後部トイレという昼行路線標準レイアウト。

シートは標準タイプでセンターアームレスト、フットレスト(1番席除く)、背面テーブル付。

これに加え窓側席の壁面にはコンセント設置と以前乗車したエアロバスより充実した車内設備となっております。

8時定刻に名鉄バスセンターを発車、飯田に向かいます。

いつものルートを通り名駅入口より名古屋高速に入ります。

  

この先は全線高速で小牧ICまで向かいます。

  

東片端JCTからは1号楠線に入ります。

  

矢田川を通過。その後大山川料金所を通過します。

  

約5分ほど走行したところで名古屋高速終点となります。

  

直結する小牧ICのETCレーンを通過し東名高速道路へと入ります。

  

約5分程走行し小牧JCTから中央自動車道(以下中央道)に入ります。

  

桃花台バス停の案内放送が流れバス停に停車。ここで乗降扱いを行います。

  

乗降扱いを終え桃花台バス停を発車、中央道に戻ります。多治見IC手前で阪急観光バスのアルペン伊那号とスライドしました。

  

土岐IC手前で山梨交通の名古屋線のガーラとスライドしました。

  

恵那峡SA手前のカーブを通過。この先の中津川ICを通過し神坂PA付近まで距離を縮めます。

  

ここで馬篭バス停停車の案内放送が入ります。その後本線を離れ神坂PA内に入っていきます。

  

馬篭バス停に到着しましたが乗降はなく発車、本線に戻ります。

  

この先本線上に信号機が見え恵那山トンネルが近づいていることを知らせていました。

  

恵那山トンネルを通過したところで駒場バス停到着放送が入り、勾配区間に入ります。

  

更に進むとこれにカーブが加わり阿智PAに近づいていることが解ります。そして本線を離れ阿智PA構内に入ります。

  

駒場バス停に到着し降車扱いを行います。

  

降車扱いを終え中央道に戻り飯田市へと入りました。

  

モニターに次の伊賀良バス停の案内が表示されます。そして飯田ICで中央道を降り高速道走行は終了となります。

  

飯田ICのETCレーンを通過。この先国道153号船を走行し伊賀良バス停に向かいます。

  

飯田ICから数分程で伊賀良バス停に到着。ここで大半の方が下車されました。

  

伊賀良バス停を発車。来た道を戻るように進行、国道153号線〜256号線で飯田駅に向かいます。

  

飯田線をアンダークロス、更に進み市街地に入ったところで伊那バスの新宿行きとスライドします。

  

通り町ニ・三丁目交差点を左折。ここで飯田駅前到着の案内放送が入ります。

  

飯田駅前バス停に到着、ここで殆どの方が下車されました。

  

貸切状態で終点の飯田商工会館に向かいます。

  

飯田駅前から4分ほど走行し終点飯田商工会館に到着しました。

バスセンターが1階にあった商工会館も改築され様子が一変。4年という年月の長さを感じました。

【乗車メモ】

路線名   中央道高速バス飯田線 MB14108便

乗車日   2015年9月12日(土)

担当    名鉄バス

乗車区間  名鉄バスセンター〜飯田商工会館

座席    1号車1番A席(ハイウェイバスドットコム予約)

車両    三菱ふそうエアロエースハイウェイライナー昼行線

登録番号  名古屋200か2053

社番    2803号車

【追記】

このあとは飯田センゲキシネマズで映画鑑賞をして来ました。

  

今回で23回目の鑑賞となり自己最高レコードを更新しました(っ´ω`c)