東海北陸道高速バス高岡・氷見線2便(加越能バス706号車)

前回のたまゆらに続き、地元からバス1本で行ける名古屋のミッドランドスクエアシネマに映画鑑賞に行って参りました。

往路は加越能バスの名古屋線を利用したのですが今回はここから乗車することにしました。

そして本日の車両が乗り場にやってきました。


本日の名古屋2便に配車されたのはセレガハイデッカ706号車でした。

改札を受け車内に入ります。その際にポイントカードにスタンプをいただきます。

車内は他のセレガ同様最後部まで独立シートの乗客定員28人乗りでトイレは中央の床下にあります。

  


ひるがの高原SAで撮影

そして今回の自席はこちらのA1席となりますが、このようにスクリーンが下がっていて展望に妨げがあるのが残念でした。

  

シート回りはフットレスト、レッグレスト、テーブル内臓の両側アームレスト、コンセントがあります。

定刻より若干遅れて高岡駅前を発車。この先戸出、砺波市内で乗車扱いを行い、砺波ICから北陸自動車道、小矢部砺波JCTより東海北陸道に進みます。

途中城端SAの中に入り城端SAで最後の乗車扱いを行います。

城端SAを発車、ここから約1時間ほどで休憩地のひるがの高原SAに到着。ここで約15分の休憩となります。

撮影を済ませ飲料を調達し車両に戻ります。

休憩時間も終わってひるがの高原SAを後にします。

ひるがの高原SAを発車し約30分程で高速美濃到着の案内放送が入りますが今回も降車は無く通過。

次の高速各務原は停車となったのですが岐阜バスの路線への乗継券を申告があった降車客に渡していました。

これが廃止となった岐阜駅への代替手段ということで機会があったら使ってみようかと思います。

この先は一宮JCTから名神高速道路、一宮ICから名古屋高速を走行、約15分程で明道町出口で名古屋高速とはお別れ。

名古屋駅交差点を左折しミッドランドスクエア前バス停に到着。今回も時間があるので終点まで向かいます。

終点名鉄バスセンターにはほぼ定刻に到着しました。

【乗車メモ】

路線名   東海北陸道高速バス高岡・氷見線2便

乗車日   2015年4月26日(日)

担当    加越能バス氷見営業所

乗車区間  高岡駅前〜名鉄バスセンター

座席    1号車A1席(ハイウエイバス.com予約)

車両    日野セレガハイデッカ夜行高速路線

登録番号  富山230い706

この後はミッドランドスクエアシネマで予告通りこの作品を鑑賞してきました。