北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

北陸ドリーム名古屋1号(ジェイアール東海バス747-08956号車)

静岡に映画を観に行くバスの旅のラストとなります。

シネシテイザードでゆるゆりなちゅやちゅみの鑑賞を終え静岡駅に向かいます。

ここで鑑賞をご一緒させていただきました千葉のフォロワーさんとお別れ、その余韻に浸りながら東海道新幹線で名古屋へ移動。

実はこの先リョービエクスプレス名古屋号で岡山に向かい「ゆるゆり」を鑑賞することも考えていたのですが

翌日夕方の会社の慰安会に間に合わないので泣く泣く断念。

このバスで富山に帰ります。

今回の旅のラストランナーとして選んだのは北陸ドリーム名古屋1号でした。

最近はエアロクイーンハイウェイライナーが配車されるケースが多いと言われる中、往路と同様セレガハイデッカが配車されました。

このタイプの車両に乗るのは今回で3回めでして、初回はこちらの北陸ドリーム名古屋1号、2回めはこちらのファンタジアなごや1号。

しかも本日の車両は後者で乗った車両でした。

改札を受け車内に入ります。

  
※全景はファンタジアなごや号乗車時の映像です。

車内は最後部を除き独立シート29人乗り、床下トイレの夜間高速路線標準レイアウト。

シートは収納式テーブル、フットレスト、レッグレスト、コンセント付き。これに夜行用アイテムの毛布、使い切りスリッパ、ハンガーが追加されます。

またこの車両の良いところはシートベルトが自動巻き取りであることでして装着していても身動きが取れるのはいいものです。

それとは逆に最前列席のレッグレストの先についたフットレストは使うと足が伸ばせない、収納するとふくらはぎに当たってしまうという使えない品物

加越能バスや富山地鉄の様にリバーシブルタイプのフットレストを付けていただけるといいと思うところです。

23時15分名古屋駅を発車、次の乗車駅の尾張一宮駅に向かいます。

室内灯は点灯していたのですが疲れが出たのか寝入ってしまいました。途中で停車したことに気付き外を見ると尾張一宮駅に到着していました。

時刻は0時5分、定刻より10分程遅れて運行しているようです。

乗車扱いを終え国道22号線に戻ったところで消灯。再び眠りに就きます。

車両が停車したことに気付き目を覚ますと東海北陸自動車道の長良川SAに停車中、ただ発車時刻近くになっていたので降りるのは断念しました。

休憩が終わり長良川SAを後にします。これ以降富山駅到着まで眠りに就いていました。

富山駅、富山大学前、小杉駅、高岡駅、砺波駅と降車扱いを行い砺波ICから北陸自動車道に戻ります。

時刻は6時40分、カーテンを明け室内灯を点灯しても差し支え無い頃だと思いますが全閉、消灯のままでした。

約20分程走行したところで金沢東ICを降り一般道を走行し金沢駅に向かいます。

そして終点金沢駅前には定刻より約10分遅れで到着となりました。

この後は北陸本線ローカル列車と加越能バスを乗継ぎ、起点の氷見営業所に帰着。この旅は無事終了しました。

またこのような映画を観に行く旅に出かけてみたいと思います。

【乗車メモ】

路線名   北陸ドリーム名古屋1号

乗車日   2015年1月24日(土)〜25日(月)

担当    ジェイアール東海バス

乗車区間  名古屋駅〜金沢駅前

座席    1号車1A席(高速バスネット+クレジットカード決済)

車両    日野セレガハイデッカトイレ(ホイールベース間)付高速路線

登録番号  名古屋200か2300

社番    747-08956号車