北陸道昼特急大阪5号(西日本ジェイアールバス744-2985号車)

前回のエントリーの続きの話となります。

京都の出町桝形商店街を散策したあとは地下鉄で京都駅に戻り烏丸口のバスターミナルに向かいます。

乗り場にはこれから乗るバスの案内が表示されていました。

京都からの帰りは行き同様北陸道昼特急大阪号を選択していました。

前回は2003年型でしたが今回はどの年式が配車されるかなと思っていたところで車両が入線しました。

車両は行きと同じ2002年型でした。

行きの行灯の文字は赤でしたがこの車両はオレンジと同じ年式でも違っていました。

発車時刻近くになったので改札を受けて車内に入り2階席1C席に座ります。

シート回りは行き同様フットレスト(最前列席等除く)、レッグレストというシンプルな仕様となっております。

  
※多賀SAにて撮影

もの足りないという意見も随所で散見されますが、基本的に輸送サービスなのでこれで十分だと自分は思ってます。

14時30分定刻に京都駅を発車、京都タワーを見ながら構内を進行していきます。

  

ビックカメラの前で京阪バスの定期観光バス用のセレガスーパーハイデッカーとスライドしました。同社の路線車を追うように塩小路通に出ます。

  

八条油小路通交差点を左折して国道1号線を走行。いつものとおりに右折していくのかなと思っていたのですが何故か直進していきました( ゚д゚)!

  

ルート変更をしたのかイベント等の交通規制で迂回したのは定かで無いのですが見たことがない風景を見るのはいいものです。

阪神高速と並走しながらさらに進行していきます。信号待ちで停車すると右には近鉄の上鳥羽駅が見えました。

  

ここで右折し新城南宮道に入り国道1号線に合流。

  

京都駅に戻るように進行し京都南ICより名神高速道路(以下名神)に入ります。

  

名神本線に入りこの先の京都深草BSで最後の乗車扱いを行います。

  

京都深草BSを発車、名神本線に戻ります。名神起工の地の看板の横を通過、数分程で滋賀県へと入ります。

  

大津SAを通過、交通量も少なく順調に進行。瀬田西IC付近まで来ていました。

  

草津JCTを通過。ここから5分程で近江富士こと三上山が見えてきました。

  

京都駅から約1時間10分走行し多賀SAに到着。

ここで16時まで休憩となります。

車両の前には発車時刻のボードが置かれていました。

休憩が終わって16時に多賀SAを発車。いつものアーチを通過します。

  

米原JCTで名神とお別れ、北陸自動車道に入ります。

  

この先福井県に入り敦賀ICを通過。杉津PA付近では夕暮れ時の敦賀湾の風景を見ることができました。

  

多賀SAから約1時間で2回めの休憩地南条SAに到着。

両側に車が停車している所に入ったのでこのような写真しか撮れませんでした。

休憩が終わって北陸道本線に戻ります。南条SAから約20分程走行し福井北ICで一旦北陸道を降り福井北インターBSに立寄ります。

  

降車はなく朝と同じルートで福井北ICへ、そのまま北陸道に戻ります。

石川県に入り尼御前SA、北陸小松で降車扱いを行います。

  

北陸道に戻ったところで松任海浜公園BSの案内放送が流れたので降車ボタンを押します。

京都駅から約3時間50分で松任海浜公園BSに到着しました。

降車扱いを終えバスは終点金沢駅に向けて去って行きました。


( ´Д`)ノ~バイバイ

今回はアクシデントの為このように普段は利用することがない松任海浜公園BSから旅を始めました。

利用してみての感想ですが金沢駅より遠くはなりますが即高速で帰ることができたので当初より早く帰宅できるメリットは大きいと思いました。

ただこのような乗車記を書かないようスケジュールを組まなけれればならないと実感した次第です。

【乗車メモ】

路線名  北陸道昼特急大阪5号

乗車日  2014年9月21日(日)

担当   西日本ジェイアールバス

乗車区間 京都駅〜松任海浜公園

座席   1号車1C席(高速バスネット)

車両   三菱ふそうエアロキングハイウエイライナー

登録番号 金沢200か410

社番   744-2985号車