鳥取エクスプレス京都1号(西日本ジェイアールバス647-8965号車)

前回の舞鶴若狭エクスプレスの次に乗車した路線バスのレポートをアップいたします。

以前から乗ってみたいと思っていた路線がありました。その路線とは京都と鳥取を結ぶ「鳥取エクスプレス京都号」

前身は皆様御存知の通りで京阪バスと日本交通が共同運行をしていた「京都駅八条口〜鳥取線」です。

その前身の路線に乗車したのは今から約16年前、当時は中国道の佐用IC以降は国道と一部供用していた志戸坂峠道路を走行し鳥取市内へアプローチを掛けておりました。

新ルートとなる鳥取自動車道での風景が見たいと思い旅に出ることにしました。

乗車当日、高岡駅より特急サンダーバード2号に乗車し京都駅で下車します。

数日前の晴れという天気予報を当てにしていたのですが、それは見事に外れたと言わざるを得ないほどの雨模様。

まあ日頃の行いが良くないからだなと自分自身を慰めつつ烏丸口のバス乗り場にやって来ました。

乗り場に向かうとバスが入線しており、乗車扱いが始まっていました。


車両は同路線に中心運用の日野セレガハイデッカ夜間高速仕様、英文字の社名から貸切兼用車でした。

まだ時間があるので向かいの市営バス乗り場に行き撮影。

撮影を終えたので改札を受けます、その際にノリホをチラ見するとそのほとんどに文字が入っています。

そして車内に入るとノリホ通り自席の隣含めほぼ満席という状況でした。

この車両、最後部まで独立のクレードルシートで各席にコンセントが設置されてます。

  
※以下車内映像は鳥取駅前到着時に撮影したものです。

基本的に以前乗車した金沢営業所の車両と同じ仕様ですが、トイレ前のサービスボックスの形状が違っています。

そして今回もこの1A席を確保しました。このタイプのセレガは最前列席のフットレスト及び窓際のアームレストが無い仕様となっております。

尚、この路線スリッパや毛布などの付帯サービスはありません。

自席に座りシートべルトを付けた時点で発車時刻となりバスは乗り場を離れます。これから一路鳥取に向けて出発!となるはずなんですが何故か乗り場の端で停車。

一体何があったのかなと思っていましたら、乗車予定の方の到着が遅れているのでしばらく待つとのことでした。

数分待って女性客グループが乗り込み発車となりましたが、この時点で約5分の遅れが発生しました。

  

近鉄のガード下を通り東寺の前を通過、国道1号線に入ったところ、なんと渋滞が発生していました。

  

しかもこの渋滞京都南ICまで続いている様子。やっとのことでICまで辿り着いたのですが、道路情報掲示には追い打ちをかける文字が....

  

「吹田JCT〜西宮山口JCTまで渋滞18km」....「終わった」という言葉しか出ませんでした。

というもの鳥取からの帰りの便の発車時刻は12時40分と40分しか見ていなかったので、このペースでは間に合わないという事態に陥りました。

バスは京都南ICのETCゲートを通過し本線に合流。先ほどの国道1号の渋滞はこのETCゲートが2つ故障したのが原因だったようです。

  

名神大山崎BSに約30分遅れで到着、乗車は無かったのですがここで業務連絡のため停車。終了後発車となります。

バスは天王山トンネルを通過し大阪府ヘと入ります。ここまで流れは順調だったのですが吹田を過ぎる頃には動きが悪くなっていました。

  

原因がわからないまま渋滞は続きそのまま兵庫県入り。

  

その渋滞も宝塚を過ぎた当たりから徐々に解消、以降は順調な走りとなりましたが解消できるような遅れでないことは確かだと思いました。

  

播但連絡道路と接続点である福崎ICを11時5分ほどに通過、本来なら山崎JCT辺りまで走行している筈なんですがこの道路状況を考えると無理もないですね(;´д`)トホホ…

その福崎ICから10分程走行したところで前面のモニターに安富PA到着の案内が表示されました。

  

11時14分に休憩地の安富PAに到着、ここで10分ほど休憩となります。

  

いつものとおりに車両を撮影

隣に停車している日本交通のエアロエースを入れて撮影してみました。

この先40分以上遅れるのは確定しているので折返し便の運行会社の日本交通予約センターに連絡、

事情を話した上で便の変更をお願いしたところ1本後の便に変更していただきました。

ここで一安心ということで心に余裕が出来ましたε-(´∀`*)ホッ

  

バスに戻ったところで出発時刻となり安富PAを後にします。

途中でポートレイク号と思われる中国JRバスのガーラ2000SHD車とスライド。この路線も乗ってみたいところです。

  

約10分ほど走行したところで分岐点である佐用JCTに到達。ETCゲートを通過し鳥取自動車道に入りました。

  

この鳥取自動車道を走行するのは今回が初めてということでどんな景色を見ることが出来るのか楽しみです(っ´ω`c)

  

佐用JCTより約5分ほど走行し岡山県へ入ります。

  

西粟倉ICを通過したところで鳥取自動車道から志戸坂峠道路区間となり、さらに志戸坂トンネル区間は一般道という珍しい構成となっております。

その志戸坂トンネルを走行します。

  

志戸坂トンネルを抜けるとこの先は再び自動車専用道路となります。

  

定刻より約40分遅れで最初の降車バス停の智頭福原に到着しましたが降車はなく即発車、次の用瀬パーキングを目指します。

  

この途中で智頭急行の高架線路を見ることが出来ました。

  

智頭福原から15分程で用瀬パーキングに到着。

  

当初ここで次に乗るバスを待つことも考えましたが店舗もないこのPAでバスを待つのは正直厳しいかもしれません。

用瀬パーキングを発車、次の河原インターに向かいます。

   

途中で神姫バス運行の姫路行きプリンセスバード号のエアロバスとスライド。この先の河原ICで本線を一旦離脱します。

  

12時24分定刻の40分遅れで河原インターに到着、降車はなく即発車。

  

そしてモニターには終点鳥取駅前と表示されていました。

再び本線に戻り2分ほど走行。鳥取南ICで鳥取自動車道とはお別れ、この先一般道を走行します。

  

  

山陰本線の高架橋をアンダークロス。そして定刻より約40分の遅れを引きずったまま、終点鳥取駅前に到着しました。

  

遅れやアクシデントがありましたが、クレイドル3列シート車ということもあり終始快適に過ごすことが出来ました。

ただ最前列席オタクの身からすれば脱着できるタイプでいいので足置きが欲しいところです。

次回は日本交通のセレガハイブリッドで乗ってみたいですね(・∀・)

【乗車メモ】

路線名   鳥取エクスプレス京都1号

乗車日   2014年3月26日(水)

担当    西日本ジェイアールバス

乗車区間  京都駅烏丸口〜鳥取駅前

座席    1号車1A席(電話予約+セブンイレブン発券)

車両    日野セレガハイデッカトイレ(ホイールベース間)付き高速路線

登録番号  京都200か2591

社番    647-8965号車