長野〜新宿線6014便(アルピコ交通13016号車)

昨日神奈川県の本厚木のとある映画館に映画「たまこラブストーリー」を観に行ってきました。

当初は富山〜池袋線を往復利用する予定でしたが往路の窓際席が確保できなかったので敢え無く断念。

そこで思いついたのは普通列車で長野駅に向かい、それ以降は長野〜新宿線を利用するプラン。しかも接続するのが全席独立シート充当便でした。

残念ながら最前席はアウトだったのですが中間の窓割りがいい席を確保することができましたのでこちらのプランで東京に向かうことしました。


富山駅より普通列車2本を乗り継ぎ長野駅に到着、そのまま駅前の乗り場に向かうと既に車両が到着していました。

予想通りセレガハイデッカ夜間高速仕様が配車されました。

撮影を済ませ改札を受けましたが手元の乗車券はその場で回収というスタイルでした。

フロアは前回乗ったエアロエース同様、木目基調。シートは最後部も独立、トイレは車両中央部床下という夜間高速仕様。

  
※横川SAで撮影

夜行便の車両でありながら一水製作所の乗車券発行機を備えた運賃箱が設置してあるというまさに自分好みの仕様というのはうれしいものです

そして今回確保したのはこちらの5A席。窓割りもいいので自分の感覚では当たり席です。

  
※横川SAで撮影

シートはフットレスト(最前席を除く)、レッグレスト、アームレスト収納型テーブル、コンセント付き。

更にC席には仕切りカーテンが設置、この席は追加料金不要のコンセント付きプラン席として販売されております。

他にはWi2による無線LAN接続サービスも提供されております。

これで4列タイプと運賃が同じということでかなりお買い得な便ということになります。

定刻10時に長野駅前を発車、この先長野IC前バス停まで市内で乗車扱いを行っていきます。

長野ICから上信越自動車道に入り上信越道屋代と千曲川さかきで乗車扱いを行います。最後のさかきでは自分の前の席も埋まりました。

今日の空席は2席とほぼ満席の状況、このような状況でも快適に過ごせるのは3列独立シートの強みというものだと実感しました。

さかきから約1時間走行したところで横川SAでの休憩の案内放送が入ります。

そして横川SAに到着

ここで約15分の開放休憩となります。

車両後部には無線LANサービスのステッカーも貼ってあります。

休憩が終わり同SAを離れ上信越道に戻ります。この先藤岡JCTより関越道を走行します。

下り線は渋滞が発生しておりましたがこちら上り便は流れは順調でした。

練馬ICで関越道を降り目白通り、新目白通り、山手通りを走行。途中流れが悪くなった影響もあってか定刻より約10分遅れで終点新宿駅西口に到着しました。

長野から約4時間、贅沢で快適な旅でした。

機会がありましたらまた乗車してみたいと思います。

【過去の乗車レポート】

「長野〜新宿線6018便」(アルピコ交通12011号車)


【乗車メモ】

路線名    長野〜新宿線 6016便

乗車日    2014年8月2日(土)

担当     アルピコ交通

乗車区間  長野駅〜新宿駅西口

座席     1号車5A席(ハイウェイバスドットコム+ネット決済)

車両     日野セレガハイデッカ夜行高速路線

登録番号  長野200か1231

社番     13016号車