北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

阿波エクスプレス大阪3号(西日本ジェイアールバス641-7922号車)

前回の更新より1ヶ月近く経過し大変お待たせいたしました。これより四国旅行レポートの続きをアップいたします。

富山地方鉄道の大阪線で梅田に到着。近くで朝食を済ませたあと、次に乗るバスの起点のJRバス大阪駅に向かい車両の入線を待っておりました。

ホームにはこれから乗車するバスが表示されており気分が高まる訳ですが、同時に今日の配車がどうなるか気になって仕方がありませんでした。


今回四国入りの手段として選んだのは西日本JRバス、JR四国バス、本四海峡バスが共同運行する「阿波エクスプレス大阪号」

先ほど到着した阪急三番街で乗り換えた方が効率が良かったのですが、ネット予約の際に座席指定できるメリットがあるのでこの路線を選択しました。

待つことしばし、発車時刻の10分前に乗り場に1台のバスが入線してきました。

乗り場に入線してきたのは2007年度導入のいすゞガーラハイデッカ高速路線と自分の基準としてはまさにストライクゾーンの車両。まずは一安心という所でしょうかε-(´∀`*)ホッ

車両の前に回った時には改札が始まっておりました。

撮影を終え改札を受け車内に入ります。

車内は後部トイレの補助席付き4列シートという標準レイアウトとなっておりこれで十分という印象でした。

そして今回選択したのはお約束の1A席。幸いスクリーンも上がっているので前面展望を楽しむことが出来ますね(・∀・)

  

乗車時にノリホを見ると隣は空席だったのですが他の座席を見ても10人を割り込むほどの状況でした。

乗車扱いも終わり7時20分定刻に大阪駅を発車、一路徳島駅に向かいます。

  

この先は梅田ランプより阪神高速環状線に入り湊町まで向かいます。

  

梅田より約7分ほどで本線を離れ湊町出口へ、そのままバスターミナル内に入り乗り場に到着。自車の前には濃飛乗合の高山線のエアロバスが乗車扱いを行っていました。

  

湊町BTでの乗車扱いが終わったと同時にこの便の乗車扱いもここで終了、正確な数字は把握していないのですが10名も満たない寂しい状況でした。

スロープを降りたところを左折、四つ橋筋を走行。阪神高速の高架をアンダークロスしたところで左折し湊町入口より阪神高速1号環状線へと入ります。

[:W540]  

西船場JCTより16号大阪港線、5号湾岸線へと進んでいきます。

  

天保山大橋を渡り本線へと合流、車窓には大阪湾が見えてきました。

  

橋を数本渡ると目の前には本線料金所が見えてきました。

  

この先の東神戸大橋を渡り住吉浜方面へと進みます。

  

この先、住吉浜乗継所を通過しハーバーハイウェイを走行します。

  [

摩耶埠頭料金所はETC対応ではないため一旦停車します。摩耶大橋を渡りしばらく走行するとスロープを下って一般道へと進みます。

  

この先2分ほど神戸市内を走行し京橋出入口より阪神高速3号神戸線へと入りました。

  

京橋から走ること10分ほどで阪神高速とはお別れ、この先は第二神明道路を走行します。

  

トンネルを抜け須磨料金所を通過します。

  

分岐を垂水JCT方面へと進みます。すると車窓にはこれから渡る明石海峡大橋が見えてきました。

  

名谷JCTを通過、神姫バスのエアロエースに続くように垂水JCTを通過し料金所へ進みます。

  

舞子トンネルを通過、目の前には高速舞子バス停が見えてきましたがこの便は高速舞子通過便なのでそのまま本線を走行していきます。

  

昨年の四国旅行以来約1年ぶりの明石海峡大橋走行となりました(・∀・)

  

約5分ほどで淡路島入り、淡路SAの観覧車が見えてきましたヽ(゚∀゚)ノ

バスは順調に走行、北淡ICの手前まで来ておりました。

  

この路線は残念なことに途中での開放休憩は設定されておりません、当然ながら定番の休憩地の室津PAは通過となります。

  

津名一宮ICを通過したところで四国高速バスと徳島バスの高速車とスライド、このようなシーンに何度も観ることができるのはいいものです(*´ω`*)

  

淡路島南PAを通過したところで右手に播磨灘が見え、更に進んだところで大鳴門橋が見えてきました。

    

大鳴門橋を渡ります。

  

残念ながら渦潮を見ることは出来ませんでした

  

約2分程走行したところで徳島県に入りましたヽ(゚∀゚)ノ

最初の降車場所である鳴門公園口に到着。ここでの降車はなく即発車、鳴門北ICを通過していきます。

  

前のモニターには次の降車バス停である高速鳴門の停車案内が表示されました。今回はここで下車するので停車ボタンを押します。

  

撫養橋を渡ると目下には壁面にポカリスエットの広告が貼ってある大塚製薬の倉庫が見えてきました。

  

高速鳴門のバス停が見えてきました。バスは本線を離れバス停へと入って行きました。

9時13分に下車バス停の高速鳴門に到着。定刻より17分早着でした。

バスは徳島駅に向けて去っていきました。


( ´Д`)ノ~バイバイ

いつもなら終点まで乗車するところですが、今回はある理由があってここで下車することにしました。

  

初めて下車した鳴門の地、肌寒さが身にしみましたヽ(´Д`;)ノアゥ...  

【乗車メモ】


路線名   阿波エクスプレス大阪3号(0002便)

乗車日   2014年1月13日(月)

担当    西日本ジェイアールバス

乗車区間  大阪駅JR高速BT〜高速鳴門

座席    1号車1A席(発車オーライネット+Loppi発券)

車両    いすゞガーラハイデッカ高速路線

登録番号  なにわ200か1061

社番    641-7922号車