「富山〜新潟線1便」(富山地方鉄道704号車)

今回旅のスタートに選んだのは富山地方鉄道(以下地鉄)の新潟線です。実はこの路線以来地鉄担当便は未乗車のままでした。

そこで今回乗車することを前提に旅のプランを立てた次第です。

今日はどの車両が来るのかと待っていましたら西工C型のスペースアローが入線してきました。

あれ何か違うぞ(´・ω・`)?

なんと乗り場に入線してきたのは3列シート車の704号車、以前から3列シート車や貸切車での代走のケースが見受けられたのですが

まさか自分がそれに当たるとは予想もしませんでした。

ここは喜ぶべきなんでしょうが自分の座席番号はD1席と該当する席がない状態。一体どうなるのかと思って改札を受けたのですが、案の定空席を案内されました。

窓際席であることを優先させC1席の方に移動してもらいましょうかとも提案頂いたのですが今回は後方のC6席を選択することにしました。

  

乗車扱いが終わり7時50分乗り場を離れ一路新潟へと向かいます。

富山市内で4箇所乗車扱いを行った後、富山ICから北陸自動車道を走行します。

  

曇り空のは残念なところですが雨が降っていないだけいいのかもしれません。

  

次の滑川バス停は乗車がなく通過、本線に戻り建設中の新幹線高架をアンダークロスします。

  

次の魚津バス停で乗車扱いの為停車、ここでA1席が完売となりました。

本線に戻り次の黒部バス停へと向かいます。黒部ICの手前には建設中の黒部宇奈月温泉駅が見えてきました。

  

こちらも工事が進んでいて年内供用開始といっても過言ではない状況、年内にはEast iによる試験走行が始まるとのことでした。

黒部ICで本線を離れ黒部バス停に停車。

ここで乗車扱い終了、総勢8名で新潟へと向かいます。

朝日ICを通過しトンネル26本連続区間へ入ります。この途中の親不知IC付近では日本海を見ることが出来るのですがC席側では厳しいですね。

  

親不知から約40分ほど走行、車内には木田バス停の案内放送が流れましたがここでの降車はなく通過となりました。

  

この木田バス停で新潟発長野行きのバスに乗り換えして長野に向うことが出来るので機会があったら降車してみたいと思います(・∀・)

上越ICを通過、次に北越急行の高架をアンダークロスします。

ここから15分ほど走行したところで米山SAに到着、ここで約15分の開放休憩となりました。

乗車した時は気づいてなかったのですが、この車両最後部が3列化されていました。改造でもこの措置は嬉しいものです。

  

トイレ前のサービスコーナーは休止となっておりますが紙コップがそのままとなっていました。

それだけ急な車両変更だったのかもしれません。

まだ時間があるのでSAの売店に行きヤスダヨーグルトを買ってきました。

  

発車時刻となり米山SAを離れ本線に戻ります。

  

米山から25分ほどで長岡JCTを通過。

  

次の長岡北バス停で降車扱いの為停車、ここから北陸道上の降車扱いが続きますが巻・潟東バス停の手前から雨が降って来ました。

  

この状況が変わらないまま新潟西ICで北陸道を降り国道8号線を走行します。

  

女池ICで国道8を降り新潟市内へと入りますがこのように視界が遮られるほどの雨には参りました。

  

県庁東で降車扱いを行い、古町までは全て通過。

万代橋を渡る頃には雨も落ち着きました。視界の向こうにはレインボータワーが見えましたが廃業しているとのことで登れないのが残念ですね。

  

銀色やベージュの新潟交通の路線バスと並走しながら新潟駅前へ向かいます。その路線バスの入口にはこんなステッカーが貼ってありました。

Suicaを中心とした交通系ICが使えるのは羨ましいですね(´・ω・`)

新潟駅が見えてきたところで新潟駅前バス停に到着、ここで降車扱い後はUターンして終点万代シティバスセンターへと向かいます。

  

終点万代シティバスセンターには定刻より約10分遅れで到着しました。


( ´Д`)ノ~バイバイ

また機会がありましたらこの路線に乗ってみたいと思っております。(リベンジの意味で)


【乗車メモ】

路線名   富山〜新潟線 1便

乗車日   2013年7月6日(土)

担当    富山地方鉄道

乗車区間  富山駅前〜万代シティバスセンター

座席    1号車C6席 (発車オーライネット予約+バスぷらざ発券)

車両    日産ディーゼルスペースアロー(西日本車体工業C-Iボデイ)

登録番号  富山230あ704

撮影機材  Canon EOSM/EF-S15-85mm IS USM