北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「高岡・氷見〜岐阜・名古屋線 名古屋直行5便」(加越能バス705号車)

名古屋での用件も終わり、これから富山に帰る訳ですが、今回は帰路も同じ路線を使うことにしました。

同じ路線といっても車両は往路と違うので何が出るかなという楽しみはしっかり取ってあります。

そこにお待ちかねの車両が入線、さて乗り場に現れた車両とはいかに...(´・ω・`)


加越能バス705号車@名鉄バスセンター
車両はなんと先日納車されたばかりの705号車でしたヽ(゚∀゚)ノ

撮影を済ませ車内に入ります、先日納車されたばかりなので車内には新車の匂いが充満しておりました。

  

  
ひるがの高原SAにて撮影

同社共通の全席独立のシートレイアウトとなっております。

床下のトイレに入ってみましたが標準品の真空式のユニットで水洗と手洗い共ボタンを押して操作するタイプとなっております。

手洗いの水の勢いが強いのは仕様のようですが出ないよりは遙かにいいものです(´・ω・`)

車内も見終わったので自席に座ります、帰路にアサインされたのはこの座席です。

ヾ(゚∀゚)ノ ハイハイ! 往路と同じA1席ですね。

シートモケットは従来車と同じなのでてっきりリピートオーダーかと思っていたのですが今までなかったものが装備されていました。

それはコンセントと窓側のアームレスト。更に収納式のテーブルも付いております。

また保安基準変更のため、前に座席の無い席は3点式シートベルトとなっているのが特筆すべき点でしょう。

ただ朝の便にはあった毛布はこの車両には積まれておりません、前のポケットの案内板には毛布についての案内が入っていたのですが...

この便ですが乗客は私を含め3人とかなり寂しい状況、この先の高速各務原と美濃でどれだけ乗ってくるのか気になるところです。

定刻の15時20分名鉄バスセンターを発車、次の乗車バス停の高速各務原を目指します。

この先のルートは従来と同じで名駅入口より名古屋高速へと入ります。

この車両、前部には情報表示器が設置されておりますが視界には全く影響がありません、スクリーンも下がっていないので前面展望も楽しめそうです。

  

赤とんぼ橋を渡り先に進みます。道路もさほど混んでおらず名駅からわずか8分で一宮市に到達しました。

  

名古屋高速を降りそのまま一宮ICのETCゲートを通過、名神高速道路へと入りました。

  

次の一宮JCTで名神と離合し東海北陸自動車道へと入ります。

  

一宮JCTから約10分ほど走行し次のバス停高速各務原に到着。

  

途中渋滞や障害はなかったはずなんですが、何故か10分遅れでした(´・ω・`)

ここでの乗車はなく即発車、本線に戻ります。

  

美濃関JCTを通過、次の美濃ICで一旦東海北陸道を離れ最後の乗車バス停の高速美濃に到着。

  

ここでの乗車はなく本日の直行5便の乗客は3名で確定しました(´-ω-`)

再び東海北陸道に戻り一路氷見を目指します。この先濃飛バスの京都・大阪線エアロエースとスライドしました。

  

郡上市に入りました(´・ω・`)ノ

郡上八幡IC手前で町が見えてきます。ここまでは天候は良かったのですが対面通行区間に入るやいなや雨が降って来ました(;´Д`)

  

道路の側で咲いている桜もこんな状況、先に進むにつれ雨脚が強くなっていました。

  

ようやくひるがの高原SAまで3Kmの表示が現れました、なんとか雨止んで欲しいところですね。

そしてお待ちかねのひるがの高原SAに到着ヽ(゚∀゚)ノ

ここで15分の開放休憩となります。

駐車場には先発の富山地鉄の名古屋線のセレガ733号車が休憩をしていました。

狙って撮影出来ない組み合わせだけに撮れて良かったと思いました(・∀・)

撮影が終わったのでSAの中に行きましたが、名物のソフトクリームは寒いので買うのは断念しました(´-ω-`)

休憩が終わったので再び本線に戻ります。

先程までは雨だったのですが次第に雪になってきました。

  

最高地点がある東海北陸道なのでこれは止むを得ないのかもしれません。

雪は次第に雨に変わって来ました。そして富山県に入ります。

  

五箇山ICを通過、次の城端SAより降車扱いが始まる訳なんですが本日は降車がないので通過となります。

  

東海北陸道の走行も次の小矢部砺波JCTで終了、この先は北陸自動車道を走行します。

  

次の砺波ICで北陸自動車道を降り一般道を走行します。

  

この先は日没で暗くなったので前面の撮影は終了。

砺波駅南、高岡駅で降車扱いを行い最後に残ったのは私一人だけとなりました。

終点氷見営業所には定刻より7分早く到着、これで名古屋直行便往復の旅は終わりました。

さて次回の乗車はいつになるかな(´・ω・`)

【乗車メモ】

路線名  「高岡・氷見〜岐阜・名古屋線 名古屋直行5便」

乗車日   2013年4月20日(土)

担当    加越能バス

乗車区間  名鉄バスセンター〜氷見営業所

座席    1号車A1席(発車オーライネット予約+セブンイレブン発券)

車両    日野セレガハイデッカ夜間高速仕様

登録番号  富山230う705

社番    705号車