北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

新東名スーパーライナー3号(ジェイアールバス関東D674-00503号車)

6月1日より新東名高速道路を走行する「新東名スーパーライナー」の運行が始まりました。

すでにリンク先の方やTwitterのフォロワーさんが乗っておられる中で、乗車する機会もなく取り残された状態が続いてました。

そこへ9月に名古屋に行く用件が発生、これはチャンスだなと思って座席を確保しました訳であります(`・ω・´)ゞ

地元加越能鉄道(現加越能バス)の池袋線夜行で上京、都内のとある場所で時間を潰した後乗り場に到着。

そして出発時間の約10分前に行灯が無いエアロキングが乗り場に入線、この車なのかなと思いつつも前を見ると.....

まあここまでは想定の範囲なので精神的なダメージは全くありません

撮影を終え、改札を受けて2階席に上がります。

何故かA席側のカーテンは全てクローズされており、加えて殆どの席が埋まっている模様(;・∀・)

いままで見たことが無いような車内にの様子に戸惑いつつも自席の1A席に座って発車を待ちます。

乗車扱いが終わったようでエンジンがかかり冷風が室内に流れます。

10時30分定刻新東名スーパーライナー3号は東京駅を発車、一路名古屋駅へ向かいます。

いつものようにチャイムが流れ案内放送が始まります。次は終点名古屋駅というのがこの新東名スーパーライナーの最大の特徴ですね(・∀・)

その後ドライバー氏による補足案内が入ります、今日は日差しが強く冷房の効きを良くするために左側のカーテン閉めているとのことでした。

ここは素直に従うことにし前面展望だけ楽しむことにしましょう。

いつものように霞が関入口より首都高速道路都心環状線へ、谷町JCからは3号渋谷線を走行します。

平日のせいか交通量はやや多めですがこの時点では流れは順調。

ただ大橋JCT通過後はこの有様(´Д`) 根本的な対策が必要があるような気がしますが、この渋滞も一時的だったようでこの先は支障なく流れて行きます。

途中でJR東海バスのエアロエースとスライド、神出鬼没気味なので狙って乗れないのが厳しいのですが是非トライしてみたいところですね(´・ω・`)

  
大橋JCT付近

小田急箱根高速バスのエアロバスに追いぬかれました、今だとエヴァラッピングのエアロエースに遭遇することもあるかもしれませんね(・∀・)

そこから2分ほどで用賀料金所・PAの横を通過します。

  

ここで首都高ともお別れ、そのまま東名高速道路に入ります。

  
首都高(´∀`*)ノシ バイバイ

東名高速道路本線に入りましたが流れは順調、5分程で東京料金所のETCゲートを通過します。

これが明日だったら渋滞で動かなくなるのは言うまでもないのですが(;´Д`)

  

東名ハイウェイバスや東海道昼特急とは違ってこの先の乗車扱いはないのでそのまま本線を走り続けます。

東名大和バス停を通過、大和トンネル、海老名JCT、厚木ICと次々に通過します。

  
東名大和通過中

大井松田ICを過ぎ左右ルートの分岐点に差し掛かりましたが、自車は左ルートを進んで行きます。

  

ただこの時点で富士山が見えてこないのが残念、そう思っていたら静岡県にログインしてました(・∀・)


ここから静岡

この先に期待することにして昼飯にしました(゚∀゚)

今回は、ほんのり屋のおにぎりと唐揚げ。この組み合わせが意外にも良かったので次回から定番決定ですね。

食べ終わった頃に東名足柄BSに止まるジェイアールバステックのガーラの横を通過。この車両にも乗ってみたいところですね(´Д`)

 
東名足柄BS

そしてお待ちかねの足柄SAに到着

駐車場に入りましたが路線バススペースを通過、施設から離れたところに駐車しました。

  

ここで最初の休憩となります、皆様がお昼の買い出しに行かれるのを横目に車両の撮影(´Д`)

うまく行けばここで富士山をバックに撮影することも出来るとのことなんですが残念ながら実現しませんでした(´・ω・`)

車両サイドの行き先表示器には「直行 名古屋駅」と表示されています。

休憩も終わり同SAを後にします。

御殿場プレミアムアウトレット、御殿場ICを通過、この先さらに進むと目の前には御殿場JCTの案内が出てきました。

  

2番めに現れた案内には所要時間が表示されており、豊田JCTまでは新東名経由だと10分早くなるとのことです。

そして御殿場JCTにさしかかり東名高速から離脱、いよいよ未体験ゾーンである新東名高速道路へと入ります。

 

新東名に入りましたが左側の車窓は霞がかかっており、山の輪郭がやっと確認できるほどの状況。富士山はこの時点で諦めました(´Д`)

足柄SAを出発した時点から空は曇っていたのですが徐々に晴れ間が出てきました。

  

裾野市に入りました。


裾野市

裾野市のカントリーサインの横を通過したところで最初のトンネルに入ります。

  

最近の道路同様内部が明るくなっており、カメラの感度をISO400に設定しても問題なく撮影が出来るのはいいものです。

  

トンネルを通過し先に進むと車窓には茶畑が見えてきました。東名高速や東海道線と同様に静岡県にいることを実感する光景です。

やがて車窓左手には駿河湾が見えて来ました。かなり離れているのですが見えるのは間違い無いですね。

  

この先も茶畑を見ながら順調に進み、富士市に入ります。

   

駿河湾はまだ見ることができますね(・∀・)

東名高速とは違いカーブも少ないのは乗り心地改善には有効、ただ変化が少ないのはちょっと物足りないかなと思っているうちに新富士ICまでやってきました。

   

新富士ICを通過、身延線をオーバークロスし2本のトンネルへと入ります。

   

トンネルを抜け橋梁で富士川を渡ります。

   

この富士川を下って行くと東名高速の富士川SAに辿り着く位置関係になります。

(。-ω-)zzz. . .

(。゚ω゚) ハッ!

どうやら先ほどの富士川を渡ったから居眠りをしていたようで気づくとこんなところまで来ていました。

この間約50分様々な光景を見逃してしまった訳です(ノ∀`)アチャー。

車内には遠州新町PAでの休憩の案内放送が流れてきました。

本線を離れPAの構内に入っていきます。

  

そこには乗りバスクラスタ各氏が撮影された映像通りの建物があり、幸いなことに他車はいない状況でした。

よしこれで自分も同じ撮影が出来るぞと思ってたら何故かその建物の前を通過、ヾ(・∀・;)オイオイどこさ行くんだよと思っていたら少し離れた場所に停車しました。

降りる前に自席を撮影。

撮影も終わったのでPA内へ

建物から出るときに冷たい静岡茶をいただき眠気もすっきりすることができました(・∀・)

休憩も終わって同PAを後にします。

  

そして形状に特徴がある都田川橋を渡ります。

先ほどから橋を何本も渡りましたがこの形状は初めて見ました、ただ空白の50分の間は定かで無いですが(;´Д`)

ここから数分の引佐トンネルの手前で新東名高速道路下り線終点の浜松いなさJCTを予告する表示板が見えてきました。

トンネルを抜けJCTへと進んでいきます。

  

ここで新東名高速道路本線走行は終了、途中で三遠南信自動車道の分岐点を通過します。

  

この先は新東名高速道路引佐連絡路を走行し三ヶ日JCTを目指します。

  

三ヶ日JCTまで9Kmとの表示が出ましたが結構距離がありますね(´・ω・`)

  

やがて目の前には三ヶ日JCTの案内表示が見えてきました。浜松いなさJCTから約10分で三ヶ日JCTに到達。

  

やや大きめのカーブを通過し東名高速道路に合流します。

  

ここから先はいつもの道路となります。5分ほど後に通過した豊川バリアの跡も依然として変化がありませんでした。

  

前回この路線に乗ったときは気づかなかったのですが美合PAから先は3車線区間となっていました。これ昨年10月からだったのですね(;・∀・)

  

目の前には豊田JCTと岡崎城案内表示が見えてきました。

  

  

豊田JCTに到達、ここで東名高速道路とはお別れ。この先は伊勢湾岸道を走行します。

  

この光景を見るのはこの時以来2年ぶりとなります。また東海道昼特急に乗ってみたいですね(´・ω・`)

車窓右手には刈谷ハイウエイオアシスの観覧車が見えてきました。

  

豊田JCTから約15分で名古屋南JCTに到達。ここで伊勢湾岸道とお別れ(´∀`*)ノシ

  

名古屋南料金所のETCゲートを通過、直結している名古屋高速3号大高線に入ります。

  

本線途中の星崎料金所を通過。

  

この名古屋高速は渋滞も事故もなくペースはいたって順調。

そして名古屋南JCTから約15分走行したところの黄金出口で名古屋高速を降ります。

  

ランプを降りて一般道を走行します。

  

名古屋市内の環状線を走行、車はやや多めでしたが渋滞となっていないのが幸いでした。

則武本通2交差点を右折、車内には名古屋駅到着の案内放送が流れます。

目の前には名古屋駅が見えてきました。

  

新東名スーパーライナー3号は定刻より若干早い15時28分に終点名古屋駅新幹線口に到着しました。

東京駅から名古屋駅への約5時間の快適な旅は無事終わりました。

あの空白の50分を埋めるためこの路線には再挑戦してみたいところです。

【乗車メモ】

路線名   新東名スーパーライナー3号

乗車日   2012年9月10日(金)

担当     ジェイアールバス関東 

乗車区間  東京駅八重洲南口〜名古屋駅新幹線口

座席     1号車1番A席(高速バスネット予約)

車両     三菱ふそうエアロキング

登録番号  足立200か270

社番     D674-00503