北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「氷見・高岡〜岐阜・名古屋線」2便(加越能鉄道301号車)

昨年の10月のお話となります。

以前購入した「鉄道の日記念乗り放題きっぷ」を使った旅の往路に利用しました加越能鉄道名古屋線の乗車レポートを公開いたします。

いつものように起点の加越能鉄道氷見営業所へ向かい駐車場に車を入れます。まだ時間があるので乗り場の横のローソンでお買い物。

戻ってきたら車両がバス停に着車していました。

本日の車両はスペースアローAの301号車でした。

改札を受け車内に入ります。

というのもこの路線乗車が確定した時点で発車オーライネット枠は余裕が無い状態、そこでハイウェイバスドットコム枠で往復を押さえてみました。

帰りはB3席と通路側でしたが(´ω`)

ここでの乗車は5人ほどでしたがノリホでは8割ほどの入りとのことでこの先高岡、砺波から大量に乗って来られるというわけです。

バスは定刻に氷見営業所を出発、高岡市内と砺波市内で乗車扱いをしていきます。

砺波駅南で乗車扱いが終わった時点でノリホ通り8割ほどの入りとなりました。

このあと砺波ICから北陸自動車道に入り金沢方面へと向かい、次の小矢部砺波JCTより東海北陸自動車道へ入ります。

福光ICを過ぎしばらくすると城端SAで休憩の案内が入りました。

さあ、今日はどこに停めてくれるのかなと思っていましたら手前のSAの施設の屋根付き駐車場に停車しました。

出発時間となりこちらの駐車場を離れ、上にあるバス停に向かいます。

ここで乗車扱いを行い即発車、再び高速道に戻り岐阜へと向かいます。

雨交じりの天気でしたがこういうのも悪くないものです。

この先の運行は順調で予定通りに2回目の休憩地古城山PAに到着しました。

ここの内容は特に変わりはなくトイレと自販機以外は何もありません。

すると下り車線を岐阜バスの下り便が通過して行きました。

ブレまくっていますが(´Д⊂ヽ

こちらの休憩が終わって高速道に戻ります。

程無く高速美濃BSの案内放送が入りました。すると停車ボタンの音が聞こえました(´・ω`・)エッ?

今日はここで降車される方がおられるようです。

いままで通過ばかりだったのですが今日は初めて降車シーンを見ることができるということです。

美濃ICを降り料金所を通過するとバス停が見えてきました。

ここで2名が降車されました。開業時には何もなかったのですが目の前にはホームセンターが出来ていました。

このあとは高速道に戻り岐阜を目指します。

いつものように岐阜各務原ICを降りて国道を走行し、岐阜市内へと向かいます。

岐阜駅前まで来たときに高山〜岐阜線の濃飛バスのエアロバスとスライドしました。

名鉄岐阜には定刻より約5分遅れて到着、今日はここで下車することにしました。

ここで半分以上のお客さんが降車されました、もはや岐阜行きの路線として定着していました。

【乗車メモ】

路線名   氷見・高岡〜岐阜・名古屋線2便

乗車日   2011年10月15日(土)

担当     加越能鉄道 

乗車区間  氷見営業所〜名鉄岐阜

座席    1号車D7席(ハイウェイバス.com)

車両    日産ディーゼルスペースアローA

登録番号  富山230い301