北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「プレミアム昼特急81号」(ジェイアールバス関東 D674-00506号車)

富山駅から西武バスの夜行便で池袋に到着、適度に時間を調整の上東京駅へとやってきました。

しばらくここでバスヲタ活動として時間を過ごします。

そしてこの車両が入線してきました。


これがこれから乗車するプレミアム昼特急81号となります、しかもこの車両フロントのJRエンブレムが緑色になっています。

専用車両4台のうち2台が西日本から関東に移籍したことは知っていたのですが、見事その車両を引き当てましたヽ(゚∀゚)ノ

後方に回るとその違いははっきりと出ておりました。

バンパーに蛍光テープが貼ってありました、これにデイライトを付けると完全にJRバス関東仕様となりますね。

改札を受け車内に入ってみます、1階のプレミアムシートは変わっていない様子でした。

そして階段をあがってみたところ。そこには前回より一回り大きくなったシートが並んでいました。

  

シートピッチの拡大のため座席の配置が変わっており、さらにシートの大型化のためA席とB席の隙間がほとんどありません。

この点は事前に調査済みだったので今回は3番A席にしておきました。

シート以外のサービス品は旧タイプと同じ仕様の毛布と使いきりスリッパです。

乗車扱いが終了したようでドライバー氏が上がってきて最終の人数確認を行ってました。

10時10分東京駅を出発、首都高速霞ヶ関入口へと向かいます。

ちなみに東京駅からの乗車は2階席4名、1階席1名の計5名で前回と同じような状況でした(´・ω・`)

10時21分に霞ヶ関入口首都高速都心環状線に入ります。またここから名神吹田ICまでのハイウェイクルーズの始まります。

谷町JCTより3号線へと入りましたが、首都高も渋滞はなく運行も順調。霞が関から約15分で用賀に到着そのまま東名高速に入ります。

東京料金所のETCゲートを通過、最初のバス停東名向ヶ丘に到着しましたが乗車はなく即発車、次の東名江田で1名乗車がありました。

ところが世の中そうはうまくいかないもので横浜町田ICを過ぎたところでいきなり渋滞が発生、ノロノロ運転が始まってしまいました。( ゚д゚ )

これがいつもの自然渋滞なんですが交通量が半端ではないので時間もそれなりにかかります。

私交通機関で同じ景色を10分以上見続けるのがだめなのでここは開き直って昼寝することにしました。

ドアが開く音がしたので目が覚めました、どこかなと思ってシートを戻して外を見ると東名大和に到着していました。

東名大和を出発し大和トンネルを通過します。

まだノロノロ運転が続いていましたが、厚木ICを通過したところから速度が上がりました。

この時点での遅れは約30分、まあ遅れのうちには入りませんね。

この先の運行は順調で最初の休憩地足柄SAには12時17分に到着ヽ(゚∀゚)ノ 

ここで20分の休憩となります。

12時37分時間通りに足柄SAを出発し東名御殿場、東名富士と停車していきますがいずれも乗車はありませんでした。

ここから15分ほどで車窓には駿河湾が見えてきました。天気がよくてよかったです(・∀・)

そして次の東名静岡では1名乗車がありました。

約1時間で最後のバス停の東名浜松北に到着しましたが乗車ゼロで発車。今日は乗客7名で確定しました。

ここで空席だった1番A席に移動することにしました。初めてキングの最前列席に座りましたが足元はかなりゆったりしています。

14時40分に2回目の休憩地である浜名湖SAに到着しました。ここで前回同様45分休憩となります。

ここでトラブル発生、東名静岡から乗ってきた客がドライバー氏に遅れているのに45分も休憩するのはおかしいと抗議している様子。

引き下がらないなら自分も応戦しようかと見ていたのですが、「この休憩を楽しみにしているお客様もおられますので」の一言で引き下がった様子。

まあこういう方は路線バス向けではないのは確かですね。

前回も使用したサービスチケットをもらい、レストランへダッシュし昼食をとることにしました。

もちろんうな丼を注文し、今回はサービスチケットでホットコーヒーをいただきましたよ。

昼食が終わり売店で土産のうなぎパイと飲料を買って車両に戻りましたら、後続のプレミアム昼特急1号が隣に停車中。

  

しかもこの西日本保有車、なんと以前プレミアム昼特急81号で乗車した車両でした。

15時25分に浜名湖SAを出発、次の三ケ日ICで東名高速を降り三ケ日転回場へと入ります。

ここからは西日本のドライバー氏が担当します。点検と乗客確認の後バスは再び東名高速に戻りました。

この先渋滞は無く順調に走行していきます。小牧ICからは名神高速道路を走行します。

17時5分に最後の休憩地の養老SAに到着しました。

全員が早く戻ったので5分早く養老SAを出発しました。

この先も渋滞はなく順調にバスは走行していきます。

京都東ICを過ぎ、最初の降車バス停の京都深草に到着、以降名神大山崎、名神高槻の順に降車扱いを行います。

18時54分に名神吹田ICを降りここで霞が関からのハイウェイクルーズは終了となります。

千里ニュータウンで降車扱いを行い、終点大阪駅を目指します。

終点大阪駅には19時28分に到着、約33分の延着でした。

【乗車メモ】

路線名 「プレミアム昼特急81号」

乗車日  2007年5月12日(土)

担当   ジェイアールバス関東(三ヶ日より西日本ジェイアールバス)  

乗車区間 東京駅八重洲南口〜大阪駅桜橋口

座席   1号車3番C席(高速バスネット)東名浜松北からは1番A席へ移動

車両   三菱ふそうエアロキングハイウェイライナー

型式   試作MU612TX

登録番号 足立200か1625

社番   D674-00506号車

※このダイヤは廃止されております

関連エントリー

2006年のバス旅「プレミアム昼特急81号」(西日本ジェイアールバス744-0972号車)
2010年のバス旅「プレミアム昼特急7号」(ジェイアールバス関東D674-10502号車)
2007年のバス旅「東海道昼特急大阪3号」(ジェイアールバス関東D674-03511号車)
2006年のバス旅「中央道昼特急大阪2号」(ジェイアールバス関東D674-05506号車)