大阪・京都〜静岡・清水線0101便(阪急バス2970号車)

博多から新幹線で京都駅に到着後は阪急ホテル前にあるバス乗り場にやってきました。

ここで帰りのバスの到着を待ちます。

そして帰りのバスが入線して来ました。


本来なら同時刻発の富山便に乗車するのですが、初日ということで本日開業の静岡・清水線に乗車することにしました。

今回配車されたのは最新型LKG台のエアロクイーンハイウエイライナー夜行線仕様ということでテンションは高まるばかりでした。

この後部のエアインテークとHの文字の下に貼ってあるBlueTecのステッカーがLKG台車の証です。

阪急バスは愛称を設定しておらず行先のみの表記です。

改札の際にドライバー氏から記念品入りの封筒をいただきました。

車内は標準仕様の3列シートレイアウト。窓側のA席とC席には仕切りカーテンが設置されております。

自席の6A席に座りシートベルトを装着したところで発車となりました。

シート周りの設備はフットレスト、レッグレスト、シートヒーター、使いきりスリッパが用意されております。

トイレの上には充電用のコンセント、その前のサービスボックスにはコーヒー、お茶、冷水のセルフサービスがあります。

バスは京都南ICから名神高速に入り京都深草で乗車扱いを行いますが乗車はなく即出発。

深草を出発して20分程で草津PAに到着、ここで開放休憩となりました。

休憩終了となり再び名神高速に戻ります。

ここで消灯、眠りの姿勢に入りますが結局座席横のカーテンは使いませんでした。

このあと新名神、東名阪、伊勢湾岸を通り東名高速に入ったようです。

車両が減速したのに気づき外を見るとどこかのSAに到着していました。

建物が見えなかったので携帯のGPSで確認すると牧之原SAでした。ここでドライバー氏の仮眠休憩のために停車します。

5時過ぎに休憩が終了、前の遮光カーテンが開かれ牧之原SAを発車。

この後東名吉田、東名大井川、東名焼津西で降車扱いとなりますがいずれも降車はありませんでした。

静岡ICで東名高速を降り静岡市内へと進行、この先の静岡インター入口、新静岡駅も通過となりました。

静岡駅前に到着、そこには駿府ライナー2号のしずてつジャストラインの鳥坂571号車のセレガが乗車扱い中でした。

この先は駿府ライナーのルートに沿って清水へと向かいます。

撮影は出来ませんでしたが昨年は拝めなかった富士山を見ることが出来ました。

終点清水駅前に到着、定刻より10分ほどの早着でした。

この時以来約3年ぶりに清水にやってきました。

清水駅にはこのイラストが

【乗車メモ】

路線名   大阪・京都〜静岡・清水線0101便

乗車日   2011年3月4日〜5日

担当    阪急バス 

乗車区間  京都駅前〜清水駅前

座席    1号車6A席(発車オーライネット+i-JTB発券)

車両    三菱ふそうエアロクイーンハイウェイライナー夜行線

登録番号  大阪200か3088

社番    2970号車