北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「山陽道昼特急博多1号」(ジェイアール九州バス744-2952号車)

今回湊町バスターミナルから乗車するバスは博多駅行きの山陽道昼特急博多1号でして本日はジェイアール九州バスのエアロキングが配車されました。

最近スペースウイングの代走というケースが散見されていたのですが本務車であるエアロキングということで一安心。

改札を受け前面を撮影を済ませ車内に入ります

2階席に上がると標準仕様の座席レイアウトとなっていましたがブルーグレーで星マークがデザインされたシートモケットが目を見張ります。

  

シートはフットバー(最前列席を除く)、レッグレストという仕様となっております。

フットバーが不評のためフットレストに改造したケースもありましたがこの車両はそのままになっていました。

自席1C席に座り持参したスリッパに履き替え発車を待ちます。

  
※三ノ宮駅で移動した1A席

定刻9時5分に湊町バスターミナルを発車、これから約10時間のバスの旅が始まります。

  

梅田まで一般道を走行かと思ったのですが阪神高速1号環状線に入ります。

  

川を渡ったところで11号池田線と合流し、梅田出口で阪神高速を降り一般道を走行し大阪駅に到着しました。

  

乗車扱いを終え大阪駅を後にします。この時点で1AB席は空席のままです。

この先、福島入口から阪神高速11号池田線を走行。やや交通量が多く見えますが渋滞はなさそうです。

  

この先流れは順調。そして豊中JCTに差し掛かってきたところ左折

  

豊中ICから名神高速道路に入りました。この先は未乗車区間なのでどんな風景が見られるのか楽しみです。

  

兵庫県のカントリーサインの横を通過、ここから約10分程走行するとそこは名神高速の終点でした。

  

この先は阪神高速3号神戸線を走行します。

  

交通量が増え速度は若干落ちてますが流れ自体は悪くないようです。。

  

摩耶出口で一旦阪神高速を離れ一般道で三宮バスターミナルに向かいます。

  

ポートライナーを見ながら右折しバスターミナル構内へと進みます。

  

最後の乗車扱いを終え三宮バスターミナルを発車。ここで空席だった1A席に移動します。

  

実はこの1A席の持ち主はリンク先であるバスいこブログのきゅろひさんということが判明。

ご一緒できなかったのが残念でした(´・ω・`)。

生田川入口より阪神高速3号線に戻ります。

  

すると左手にはポートタワーが見え、次に川崎重工が見えてきました。

  

この先急カーブに差し掛かりそのまま第二神明へと入ります。

  

須磨のETCゲートを通過、2分ほど走行したところで名谷JCTを通過します。

  

目の前には明石大橋が見えてきました。この先垂水JCTを通過します。

  

料金所を通過、この先神戸鳴門淡路自動車道を走行します

  

垂水JCTから約15分ほどで神戸西本線料金所に到着。

  

ここから先は山陽自動車道木見支線を走行します。

  
山陽自動車道木見支線走行中

なんとここで雪が降ってきました。神戸西より6分で三木JCTに到達しここから本線を走行します。

  

本線合流後に中国バスのびんごライナー、中国ジェイアールバスの呉エクスプレス大阪2号とスライドします。

  

この先も雪が止みません。北国を脱出してきたのに何で雪を見なければいけないのかなという思いで一杯でした。

  

ここで案内放送が入り最初の休憩地の白鳥PAに到着、約15分休憩となります。

時刻は11時37分湊町バスターミナルから約2時間30分経過していました。

白鳥PAにはコンビニの生活彩家(ポプラ)が出店していました。お昼はあとにしてここでホットの紅茶を買って車内に戻ります。

休憩が終了し白鳥PAを後にしました。

PAを出発して山陽道に戻ります。

  

この先山陽新幹線と並走。次に吉備エクスプレス大阪号のエアロバスとスライドしました。

  

ここで岡山県入りします。約10分ほど進んだところで両備バスのエアロバスとスライドします。

  

吉井川を渡り岡山市に入ります。

  

この先天気は回復、再び青い空と白い雲が見えてきました。

  

その橋の下には津山線の線路が見えてきました。岡山ICを通過したところで中鉄バスを追い抜きます。

  

岡山JCTと倉敷JCTと連続して通過、またここを通って瀬戸大橋渡りたいですね。

  

この先高梁川をオーバークロスします。

  

広島まであと113kmまで、次に福山SAまであと18Kmの表示が見えて来ました。

  

ここで福山SA到着の案内放送が入ります。

13時24分福山SAに到着、ここで少し長めの25分休憩となります。白鳥PAから約2時間経過していました。

撮影を終えSAのフードコートで尾道ラーメンをいただきました。

  

休憩も終わり福山SAを発車、本線に戻った直後に上り山陽道昼特急博多2号とスライド。

このバスには九州のTwitterのフォロワーさんが乗車されておられました。

  

この時点で高いところを走行していることがわかりますね。

  

車窓には山陽本線も見えてきました。この先進むと「ユキ走行注意」の表示が出ていました

  

高屋JCTを通過します。約20分で広島ICを通過、この先中国道の分岐までは未乗車区間となります。

  

広島ICから約7分で3回めの休憩地の沼田PAに到着、ここもポプラが出店していました。

ここでジェイアール九州バスののドライバーさんと交代します。

休憩も終わって山陽道に戻ります。

  

すると車窓には海が見えてきました。山陽道で海を見たのは初めてです。

  

この先大竹ICまでは有料道路の広島岩国道路を走行します。再び山が中心の景色となります。

  

運行状況は順調そのものです。

  

高速の下には岩徳線と山陽新幹線が見えてきました。

  

ここから15分ほどで今度は山陽本線をオーバークロス。インターの案内板に北九州の文字が現れました。

  

車窓には瀬戸内海が見えてきました。山口JCTより中国自動車道に入ります。

  

沿線にはまだ雪が残っています。そして目の前には美東SAの案内板が見えてきました。

  

ここで案内放送が入り美東SAに到着。ここで最後の休憩を行います。

車両に戻りましたら私が最後らしく即出発となりました。

中国道に戻ると追越車線に真っ赤なエアロエースが現れました。

  

車窓には街が見えてきました。広福ライナー中国JRバス便とスライドしました。

  

下関に入り数分で壇ノ浦PAの横を通過します。

  

そして関門橋を渡り本州とはお別れ。

  

洋上を走行し九州に上陸します。走行時間は数分と短かったのですが景色を楽しむことが出来ました。

  

ここから先は九州自動車道を走行。次に北九州JCTを通過します。

  

ここで小倉南ICバス停停車の案内放送が流れ降車ボタンが押されます。

小倉南ICで一旦高速から離れ。小倉南ICバス停に到着、ここで数名が降車されました。

  

降車扱いが終わり本線に戻ると西鉄の高速車に追いぬかれました。

  

山陽新幹線をアンダークロス、あと少しで福岡インターというところまで来ている様子です。

  

18時18分福岡ICで九州道とお別れ、直結する福岡都市高速4号線に入りました。

  

粕屋を過ぎたところでまた山陽新幹線の高架をアンダークロス。ちょうど100系が通過していくのが見えました。

  

貝塚JCTより1号線に入ります。呉服町出口で福岡都市高速を降ります。

  

スロープを降り昭和通りに入り次の蔵本交差点で県道43号線大博通りに入ります。

  

目の前には博多駅が見えてきました。博多駅前を左折しすぐに右折、バスは博多バスターミナルの構内に入りました。

  

構内の裏側を通り建物の中に入りスロープを上がりますがギリギリのようで手に汗を握る一瞬でした。

18時44分、山陽道昼特急博多1号は終点博多バスターミナルに到着しました。

大阪から福岡まで約10時間のバスの旅が終わりました。

距離も時間も長がったはずなんですが、あっという間に終わったという印象でした。

この山陽道昼特急博多号は廃止ではなく運休措置となります。いつかこの路線が復活するその日を願って今回の乗車記をしめさせていただきます。

【乗車メモ】

路線名  山陽道昼特急博多1号

乗車日  2011年3月4日

担当   ジェイアール九州バス  

乗車区間 湊町バスターミナル〜博多バスターミナル

座席   1号車1C席(みどりの窓口購入)
     ※三宮から1A席に移動

車両   三菱ふそうエアロキングハイウェイライナー

登録番号 福岡200か687

社番   744-2952号車

撮影機材 CanonEOS7D/EF-S15-85mmUSM