北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

北陸道高速バス金沢線 12114便(北陸鉄道35-646号車)

15日付エントリーで「北陸道高速バス乗車の旅 番外編」をアップさせていただきましたが、予想外の反響に驚いている管理人でございます。

そのときに1AB席は予備席になったのかなと記載しましたが、どうやら違っていたようです。

先ほどハイウェイバス.comをいじっておりましたところ1A席を引き当ててしまいました。

さてこれからが本題ですが、今回は北陸鉄道の本便に乗車したことをアップいたします。


これはこのエントリーの続きになります。

名古屋市内で昼食等を済ませ名鉄BCに戻り14:30発の北陸道高速バス金沢線で帰路に着きます。

そして車両が入線してきました。

いつものKL台のエアロバスでした。

今日は土曜日とあってか車内はほぼ満席、唯一の救いはこの時点でお隣は空席ということです。

車内設備はセンターアームレスト、フットレスト、シートテーブルで後部にトイレがあります。そのトイレの横のサービスコーナーは廃止のためふさがれております。

この車両には何度か乗車しておりますが窓側の席にもアームレストがあります。

  
参考参考:同社34-635号車の1CD席

ただフットレストが高い位置にオフセットされているため、まともにつかうと足が伸ばすことができないのが難点、これは名鉄のエアロエースも同様です。

定刻の14:30に名鉄BCを出発、名古屋駅に立ち寄り後、国道22号線で一宮ICへ向かいます。

この車両固定窓なのですが先ほど乗ってきた加越能バスや名鉄バスのようなプライバシーガラスではないのが厳しいところです。

名神一宮に停車、乗車扱い後発車となりましたが、隣席は空席のままでした(´∀`)

一宮から名神高速、米原からは北陸自動車道へ進路を進めます。

途中南条SAで15分の休憩

いつの間にか窓にも広告が貼られていました。

南条SAを出発、この先高速道上と降車扱いを行い、金沢西ICで高速を降ります。市内も流れは順調で終点金沢駅前には定刻より10分早く到着しました。

【乗車メモ】

路線名    北陸道高速バス金沢線12114便

乗車日    2010年5月8日

担当     北陸鉄道  

乗車区間  名鉄バスセンター〜金沢駅前

座席     1号車3A席(ハイウェイバス.com予約)

車両     三菱ふそうエアロバスハイウェイライナーD

登録番号  金沢200か177

社番     35-646号車