北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「中央高速バス松本線KO5901便」(京王電鉄バス51005号車)

ホテルをチエックアウトし京葉線と中央線を乗り継ぎ新宿駅に到着、そのまま起点の新宿高速バスターミナルに向かいます。

発車まで時間があるのでバスを撮影して過ごします。3台位撮影したところでこれから乗る路線の車両が入線しました。


今回帰路に選んだのは中央高速バス松本線でした。

改札を受け車内に入ります。ステップからフローリング調となっていて従来の車両と差別化を図っているのがよくわかります。

  
※双葉SAで撮影

車内は前2列目までが1+2列のSクラスシート、後方は4列シートの通常席となっており最後部にはワイドトイレ(化粧室)があります。

このSクラスは運賃に1,000円の料金が加算されますが枕、アームレストテーブル、コンセント、毛布、使い切りスリッパが加わります。

4列シートの通常席はフットレストからフットバーに変更となっておりその点はサービスダウンという印象です。

その他有料サービスとしてWi2による無線LANがあります。

そして本日の自席はSクラスシートの1D席です。


※双葉SAで撮影

7時定刻新宿高速BTを発車、国道20号線「甲州街道」で初台に向かいます。

  

約10分程走行し初台入口から首都高4号線を走行します。

  

上り線は通勤時間帯にかかるためかやや渋滞気味、こちら下り線は渋滞もなく順調に走行しております。

6分程走行し直結する中央道均一料金区間へ入ります。三鷹本線料金所で同時発車の高山便をパスしました。

  
   
この先東京競馬場や多摩都市モノレールをパスしていきます。

  

中央道日野バス停に到着し最後の乗車扱いを行い車内はほぼ満席となりました。乗車扱いを終え本線に戻り約5分程で八王子料金所を通過しました。

  

八王子JCTを通過、次に小仏トンネルに入ります。

  

小仏トンネルを通過すると相模湖IC付近まで進行していました。

  

相模湖から1時間くらい経過したところで双葉SAでの休憩案内が入りました。

双葉SAに到着、ここで約10分開放休憩となります。

休憩が終了し双葉SAを発車、本線に戻ります。

小渕沢ICを過ぎ小海線をオーバークロス。ここからしばらく走行したところで長野県に入りました。

諏訪湖SAを通過するとそこには諏訪湖が見えてきました。

岡谷JCTを通過し長野自動車道へ入りました。

  

トンネルを通過したあたりで前方のモニターが開き降車バス停の案内が表示されました。

  

みどり湖以外のバス停で降車扱いを行い松本ICで長野道を降ります。

  

ここからは国道143号線で松本市内に向かいます。

  

途中篠ノ井線のガードを潜り中央1丁目交差点を右折、松本駅前を通過するとまもなく終点となります。

  

終点松本バスターミナルには定刻の10時12分に到着しました。

期待を裏切らない快適な3時間12分の旅でした。

【乗車メモ】

路線名  中央高速バス松本線KO5901便

乗車日  2010年10月7日

担当   京王電鉄バス

乗車区間 新宿高速バスターミナル〜松本バスターミナル

車両   三菱ふそうエアロエースハイウェイライナー昼行線

登録番号 練馬200か2360

車番   51005号車

撮影機材 CanonEOS7D/EF-S15-85mmIS USM

記事リニューアル 2016年10月28日