プレミアム昼特急7号(ジェイアールバス関東D674-10502号車)

昨日宿泊したホテルを出発、京葉線で東京駅に向かい乗り場に到着。

昼食とおやつを調達後、乗り場に戻ると1番線には河口湖行きの富士急行のセレガが入線していました。

さてこれから乗る車両は関東かな西日本かな?、関東ならBKGの新キングかな、それとも試作キングの改造車かなと思っていましたら

白いエアロキングが信号待ちの最中、しかも前に他の車がいるので特定が付きません。

信号が青になり車両が動き出しました、さて私が乗る車両は.... 

JRバス関東所属の最新型の車両が配車されました。

お目当ての車両が来てひとまず安心、前後の撮影を終えた瞬間に3番線に関東鉄道の水戸行きが入線してきました。

あやうく被られるところでした。

この「プレミアム昼特急7号」はB席を除き全て予約で埋まっていました。

以前は同じ時間に週末だけ運行の「プレミアム昼特急81号」があり、過去2回乗りましたがいずれも乗客は1ケタ台だったのですが

その時とは対照的な乗車率、さてどうなるものかと思いながらも乗車することにしました。

携帯の画面を見せて車内に入りますが、そのときに白い紙を渡されました。

すでに乗車された方からのレポートで、それが「発車時に人数確認いたしません」という注意事項であることは知っておりましたが

それは1階のことであって2階は関係ないのではと思い車内に入りました。

  

1階席のフロアと階段はJR東海バスのプレミアム車同様フローリング調となっておりました。2階のスーパーシートフロアにあがりそこで見たものは

.....(;・∀・)

  

A席とB席、B席とC席の間にはカーテンがぶら下がっておりました。プライベートカーテンはドリームだけじゃないのと思っていたのですが昼特急でも使うようです。

すでにいくつかの席ではカーテンが引かれておりそれは異様な光景に思えました。

また展示会の映像では階段を上がったところに荷物置き場があったはずなのですが、この車両にはありませんでした。

保安の意味と出入りがしにくいのでそのまま設置しない方がいいのかもしれません。

ヲチはこのくらいにして自席の1C席に座ります。乗るなら1A席だねと思っていたのですが予約を変更したときにはA席はすべて完売していました。

それで今回は1C席にした訳です。

さてシート周りですが、クレードルシートのクッションを厚くした印象で枕、フットレスト、レッグレストがあります。

そのレッグレストは足の部分にくぼみがついております。また窓側のアームレストですが何故か長さが短いため落ち着かないような感じでした。

また今回の車両から新設されたのがコンセントで、AとC席は壁に、B席はシートに設置されております。

あとは使い切りスリッパとプレミアム専用の毛布が各シートに置かれております。

一部では前後ピッチが狭いと評判が芳しくないスーパーシートですが、車両1台あたりの収益性と路線統合による乗客増を考えるとこの設計変更は仕方がないのかもしれません。

乗車扱いも終了し10時10分定刻にバスは東京駅を離れ、10分後には霞が関入口から首都高都心環状線に入りました。

  

この先谷町JCTより3号渋谷線に入ります。上り方向はやや渋滞気味ですがこちら下り線は渋滞はまったくなくスムーズに走行しております。

  

昨日通り損ねた大橋JCTを通過、ここから5分ほど走行したところで東名高速道路に入りました。

  

  

東京料金所を通過、東名向ヶ丘バス停に到着乗車扱いを行います。この先同様に江田、大和、厚木で乗車扱いを行います。

  

この先渋滞等もなく運行は順調で、気が付いたら大井松田ICを過ぎ左右ルートの分岐のところまで来ておりました。

  

ただ雲が広がっており今日も富士山は見えません、最後に見たのはいつだったかな?

  

「足柄SA」での休憩の案内が入ったところで雨が降ってきました。梅雨の時期だから仕方がないのですが。

11時38分に最初の休憩地「足柄SA」に到着、11時55分まで休憩となります。外に出ると幸いにも雨は上がっていました。

ここ下り線も改装工事中でした。

休憩が終わり即発車かと思いましたが出発しません、即発車かなと思っていたのですがしばらく停車し乗り遅れの対応を行っている様子でした。

確認自体はありませんでしたが、ドライバー氏は客席に「お客様お揃いですか?」と声をかけておりました。

12時に同SAを出発、次の御殿場ICで高速を離れ「東名御殿場」バス停で乗車扱いを行います。ここで後ろの2C席が埋まりました。

  

次の「東名富士」に停車して乗車扱い。左には富士山をかたどった花壇が見えました。

  

 

   

蒲原のバス停の付近で駿河湾が見えてきました。

この先ずっと海を見ておりましたが、この1C席から見る風景もいいなと思いました。

   

13時4分東名静岡に到着、ここでの遅れは約2分ほぼ定刻です。残念ながら他の車両はいませんでした。

最後の乗車バス停「東名浜松北」には13時55分に定刻到着、ここでの乗車はありませんでした。

これで乗車扱いは終了しました。

2回目の休憩地「浜名湖SA」には14時10分に到着、ここで15分休憩となります。

上り線の駐車スペースには「プレミアム昼特急6号」が停車しておりました。車両は西日本JRバスの新車744-0904でした。

  

撮影タイムが終了し、「みかちゃん」に会いに行きました。買ってきたのは...

  

青島みかんジュースでした。

休憩も終了し本線に戻ります。
  

三ケ日ICで東名高速を離れます。かつてあった「みかちゃんセンター」は跡形もありませんでした。

  

バスはこの隣のJRバス関東の三ケ日営業所で乗務員交代を行うのですが、その三ケ日営業所もありません。

よく見ると「営業中」の看板がある小さな建物があるではないですか。どうやら「みかちゃんセンター」は改築らしく隣で仮営業を行っている様子。

じゃ三ケ日営業所はどこへ行ったと思いましたが後ろに同じような建物がありここで業務を行っている様子でした。

完成したらどうなるのかが楽しみです。

  

同所には2001年形式のエアロキングが留置されていました。

乗務員交代も終了して東名高速に戻ります。

この先「プレミアム昼特急12号」とスライド。同社の2005年試作車キングの改造車でした。

  

バスは愛知県に入りました。15時15分に豊田JCTから伊勢湾岸自動車道に入ります。

  

何故かここで西武バスの高速車とスライド、続行便の折り返し車両回送のようです。

  

この道路はこの先橋が連続し海が見える区間となるので、由比付近と同様私のお気に入りの区間となります。

  

車内が暑くなってきたなと思っていた矢先に「エアコン用エンジンに異常の表示が出たため次の湾岸長島PAに停車します」と案内放送が入りました。

折角の新車なのにと思いましたがこの車両、しげしゃん様が乗車されたのと同じだったことに気づきました。

  

15時44分に湾岸長島PAに到着、16時まで休憩となります。

のぼり旗が出ていた「アイス饅頭」食べてみたかったな。

16時休憩終了同PAを後にしました。サブエンジンは復旧したとのことです。

四日市JCTより東名阪自動車道を走行。16時23分に亀山JCTからは新名神高速道路を走行します。

  

定刻より遅れて最初の降車バス停「土山バスストップ」に停車しましたが、降車は無く即発車となりました。

次は甲南PAでの休憩なのですが遅れが発生しているとのことで今回はカットされました。先ほど休憩したから特段支障は無いのかも知れません。

  

17時草津JCTより名神高速道路を走行します。次の瀬田JCTも通過したので京都東から京都市内に入るようです。

  

ここから10分ほど走行し京都東ICで名神を離れ国道1号線走行となります。

前回中央道昼特急に乗った時は渋滞していましたが今日は特に混んでいる様子はありません。

  

烏丸五条交差点を左折すると京都タワーが見えてきました。東本願寺の前を通り次の交差点で右折するのかと思いましたらそのまま直進しました。

17時33分に京都駅烏丸口に到着、なんと定刻より5分早着していました。

降車扱い後京都駅を離れ京都南ICへと向かいます。

東寺の手前で「北陸道昼特急大阪6号」とスライドしました。このバスも京都経由になってしまいました。

  

 

17時53分京都南ICから名神高速道路に戻ります。

名神高槻は降車が無く即発車しました。ここから少し走った名神吹田ICで高速道路走行は終了、ここから先は一般道走行となります。

次の千里ニュータウンで降車扱いをし、次は終点大阪駅となります。

  



ここでトイレに入ってみたのですが、なんと便座ウオーマーが付いていました。これもプレミアム車の装備なのでしょうか?

新御堂筋の高架から地上に降ります。交通量は相変わらず多いのですが渋滞までは起こっていません。

終点大阪駅には18時41分に到着しました。

途中トラブルがありましたが、そのことも忘れてしまうほどの快適な旅でした。

次回からエアロキングの路線は1C席指定買い決定!です。

最後に乗り場を出てきた車両を撮影してここを後にしました。

【乗車メモ】

路線名  プレミアム昼特急7号

乗車日  2010年7月5日

担当   ジェイアールバス関東

乗車区間 東京駅八重洲南口〜大阪駅桜橋口

座席番号 1号車1番C席(高速バスネット予約)

車両   三菱ふそうエアロキングハイウェイライナー

登録番号 足立230う1002

社番   D674-10502号車