北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

北陸道高速バス金沢線 JT12108便(ジェイアール東海バス 747-08953号車)

ファンタジアなごや号で名古屋に戻り、名古屋から富山に帰る際に選んだのがこの路線。

名鉄バスセンターへ向かい、出発時間を待つ。

8時には岐阜バスの高岡・氷見行きがあり、これに乗れば楽に自宅へ戻れるのだが今回はあえて見送ることにした。

発車10分前に金沢行きの車両が入線した、その車両とは

昨日から始まった3路線リレーのアンカーも新セレガだった。

しかも固定窓の2008年型、昨日の東名のような固定運用ではないので乗れるかどうかは運次第と思っていたのだ。

改札を受け車内に入る、昨日乗った2009年型とは違い標準レイアウトの40人乗りの車両だ。

シートがワイドタイプとなっており快適に過ごすことができる。

自席の1A席に座り発車を待つ、シート周りはテーブルとカップホルダが設置されている。

また窓枠はモケットが貼られておらず、ウレタンのままとなっている。

バスは定刻8時30分に名鉄BTを出発し、名古屋駅へと向かう。

名古屋駅で乗車扱いを行うが私の隣の人は乗ってこなかった。

国道22号線名岐バイパスを走行し一宮インターへと向かう、道路状況も順調。

ほぼ定刻に最後の乗車駅「名神一宮」に到着したが乗車客はなく、そのまま一宮インターから名神高速道路へと入った。

ここまでは順調だったが、早速障害発生。

渋滞で車の流れが止まってしまった。

今日は5月12日、名神集中工事の2日目なのだ。

もちろんそれは覚悟の上の乗車。新名神もあることだし、そんなには影響は出ないだろうと思っていたが現実は厳しかった。

この先米原JCTまでゴー・のろのろ・ストップの繰り返しが続いた。

まあ、車両と天気がいいので良しとしよう。

10時24分米原JCTから北陸道へ入る。この先は渋滞もなく順調に走行。

休憩地の南条SAには11時12分に到着。

隣には京阪バスの金沢行きのエアロバスが止まっていたが入れ違いに発車したので撮影できなかった。

休憩が終了し南条SAを後にした。

この後の運行は順調だったが遅れを取り戻すことはできなかった。

12時52分金沢西ICがら一般道を走行、市内3か所で降車扱いをし、終点金沢駅前には13時16分に到着した。

【乗車メモ】

路線名   北陸道高速バス金沢線 JT12108便

乗車日    2009年5月12日

担当     ジェイアール東海バス     

乗車区間  名鉄BC〜金沢駅前

車両     日野セレガハイデッカトイレ(リアオーバーハング)付高速路線

登録番号  名古屋200か2285

社番     744-08953号車