北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「高岡・氷見〜岐阜・名古屋線2便」(加越能鉄道301号車)

乗車当日起点の加越能鉄道氷見営業所に向かい車両の到着を待ちます。

待つことしばし出発時刻の5分前にやって来たのはこちらの車両でした。


本日配車されたのは開業初日に乗車したスペースアローA301号車でした。

2日前に同線用の2台めの専用車セレガハイデッカ302号車が納車されたのですが今回の運用は見送られたようです。

改札を受け車内に入ります。

    

後部トイレの4列シート車でフットレスト(最前列席除く)、センターアームレスト付きのシートとなっております。

そして今回も最前列のA1席に座って名古屋までの風景を楽しんで行きたいと思います。

6時35分に氷見営業所を発車、国道160号線で高岡駅前に向かいます。

  

高岡駅前に到着。ここで乗車扱いを行うのですが乗ってこられた方の大半が今回の改正で設定された回数券を利用されていました。

  

この回数券は名古屋発着が4枚で12000円と片道あたり3000円とかなりお得で、更に有効期限がないのも魅力です。

発車時間となりバスは次の乗車地の砺波市役所前に向かいます。バスは高岡駅の裏側を走行、途中城端線の踏切を渡り国道156号線に入ります。

  

砺波市役所に定刻到着しましたが乗車ゼロで発車。再び国道156号線を走行し砺波駅南バス停に到着。

  

他社便がバス停を占領しているためやむなく2重駐車で乗車扱いを行うことになりました。

砺波駅南を発車、5分程走行し砺波ICから北陸自動車道を走行します。

  

5分ほどで小矢部砺波JCTに到着、ここで北陸道とはお別れ。

  

この先は東海北陸自動車道を走行、15分程で城端SAに到着しここで1回めの休憩となります。

  

この上にあるバス停に止めて休憩かと思ったのですがこの措置は意外でした。

休憩が終了しバス停に到着しましたが乗車はなく即発車。ここで本日の乗客は10名で確定となりました。

再び東海北陸道を走行し岐阜を目指します、前回は天気が悪かったのですが今日は天気が良くて何よりです。

  

真下に街並みが見えてきました。その中に前回休憩した道の駅白川郷がありました。白川郷ICを通過、いよいよ新規開通区間となります。

  

この先新線区間最初の大牧トンネルを通過し次に飛騨トンネルに入ります。

  

これがこの東海北陸道の最大の難関、開通まで9年かかった全長約10.7kmの全国で2番目に長いトンネルです。

壁面には6km⇔5kmのようにあと残り距離の表示がされていました。飛騨トンネルを通過しましたが新線区間はまだ続きます。

  

8時44分飛騨清見ICを通過、ここで新期開通区間は終了となりますがこの先の荘川ICがこの路線の新線区間となります。

  

途中「高速道路の標高日本一 海抜1085m」の表示が見えてきました。次に荘川ICを通過します。

白川郷ICからの所要時間は32分、国道156号線では約50分だったので約20分間の短縮となっていました。

  

4車線区間となり長良川を通過します。

  

景色を楽しんでいるうちに車内放送が入り2回めの休憩地古城山PAに到着しました。

休憩が終わり同PAを発車、東海北陸道に戻ります。しばらく走行すると高速美濃到着の案内放送が入りましたが降車ボタンを押す人は今回もなし。

それでもバスは美濃ICを降り「高速美濃」バス停に停車します。

  

すぐに発車しETCゲートをくぐり本線に戻ります。15分ほど走行し岐阜各務原ICで東海北陸道を降ります。

  

料金所を通過し国道21号線岐大バイパスを走行、今日は日曜日のせいか交通量は少ないようです

  

高架を降り茜部本郷交差点を右折し国道157号線を走行。市街地に入ると10分もたたないうちに目の前に名鉄電車が見えてきました。

  

JR岐阜駅前を通過し10時30分に名鉄岐阜BTに到着。降車扱いを終え逆のルートで岐大バイパスへ戻ります。

  

岐南インターからは国道22号線に入り前回同様一宮中料金所より名古屋高速へと入ります。

  

明道町出口で名古屋高速を降りて一般道を走行します。

終点名鉄バスセンターには定刻より若干早着の11時21分に到着しました。

東海北陸道が全通し所要時間の短縮をすることが出来ました。

運行に岐阜バスが加わり車両も増車となりました、この先増便を期待したいところです。

路線名  高岡・氷見〜岐阜・名古屋線2便

乗車日  2008年7月6日(日)

担当   加越能鉄道 

乗車区間 氷見営業所〜名鉄バスセンター

座席   1号車A1席(発車オーライネット予約)

車両   日産ディーゼル スペースアローA 都市間高速路線(昼行線) 

登録番号 富山230か301

撮影機材 Canon EOS40D/EF-S17-55mmUSM

記事リニューアル 2015年10月25日