北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「浜松・新宿ハイウェイバス4201便」(京王バス東 K50264号車)

新宿駅西口の京王高速バスターミナルにやってきました。

今回乗車するのは新宿西口と浜松駅を結ぶ京王バス東とJR東海バスが共同運行する路線。

新宿発の京王のバスで東名高速道路を走行するという光景を見たさにこの路線を選択したということです。

そしてこれから乗車するバスが入線して来たのですが......


なんと、この前に停車するバスの直後に停車してしまいました。

自分が持つレンズでは前の車両を回避することが出来ないのでここでの撮影は諦めることにしました。

改札を受け車内に入ります。

補助席なしの後部トイレの4列仕様と同社の標準仕様となっており、各席にはフットレストとテーブルが付いております。

ただ自席の1A席には残念ながらフットレストはありませんでした。

定刻8時40分に新宿を発車。この先甲州街道→山手通り→旧山手通り→国道246号の順に進行し渋谷マークシテイに到着。

ここで3名が乗車されました。

スロープを降り、再び国道246号線へ、次に池尻入口より首都高速3号線に入りそのまま東名高速へと進みました。

最近東名はダブルデッカー車ばかり乗っていて視点の高さに慣れていたのですが、逆に視点が低いのが新鮮に思えました。

ただ、天気が曇りで富士山は見えなかったのが残念(´・ω・`)

静岡県に入り最初の休憩地の足柄SAに到着、ここで10分の休憩となります。

休憩が終了、足柄SAを発車東名高速に戻ります。

この先にある御殿場ICは当然の事ながら通過ですがこの光景が見られるのもこの路線の特徴ですね。

富士川SAを通過、程なくお待ちかねの由比PA付近での海岸線が見えてきました。

この先清水IC、静岡ICと通過、そして2回目の休憩地の牧之原SAに到着しました。

休憩が終わって同SAを発車、東名高速に戻り30分程走行し浜松ICを降り浜松市内中心部に向かいます。

この途中の浜松インターバス停は降車が無く通過しました。

昨日と同じルートを辿り、終点浜松駅には定刻の12時52分に到着しました。

遠州鉄道の銀色のバスボディの中に混じる京王高速バス。

今は見慣れぬ光景ですが何時もの光景と思われるのに時間はかからないのかもしれません。

【乗車メモ】
路線名   浜松・新宿ハイウエイバス4201便

担当    京王バス東

乗車日   2007年3月15日(木)

乗車区間  新宿西口〜浜松駅 

車両    三菱ふそうエアロバスハイウェイライナーD

登録番号  品川200か713

車番    K50264号車

撮影機材  CanonEOS Kiss Digital N/EF-S17-85mmUSM

注:現在このバスは「渋谷・新宿ライナー浜松号」と改称しております。