「北陸道昼特急大阪3号」(西日本ジェイアールバス744-3988号車)

横浜昼特急で大阪入りした翌日のお話となります。

昨日宿泊したホテルをチエックアウトし大阪駅に向かいます。

そのまま乗り場に向かうと車両はすでに入線済で乗車扱いが始まっていました。

※本レポートには車窓画像はございません。

今回乗車するのは「北陸道昼特急大阪3号」大阪駅発、金沢駅経由富山駅行きの路線バスです。

改札を受け2階席に上がり指定された4C席に座ります。

  

座席は昨日のものとは違ってアームレストもモケット貼り、フットレストもスリーピングシートタイプとなっております。

他には毛布とスリッパ、1階には使い切りおしぼりが置かれていました。

9時20分大阪駅を発車、新御堂筋を走行し千里ニュータウンに到着、ここで乗車扱いを行います。

その後環状線を走行し、吹田ICから名神高速道路を走行します。

高速道路上の名神高槻BSで乗車扱いを終え本線に戻ります。

この先道路状況も良好、大阪を出発して約1時間30分経過したところで最初の休憩地である多賀SAに到着しました。

休憩を終え多賀SAを発車、名神本線に戻ります。約10分程で米原JCTを通過、ここから北陸自動車道を走行します。

この先敦賀ICを降り最初の降車バス停の敦賀BSに到着しましたが降車は無く即発車、本線に戻ります。

2回目の休憩地南条SAに12時5分に到着しました。

南条SAを発車、この先福井北、尼御前、北陸小松、松任海浜公園の順に停車し降車扱いを行います。

金沢西ICで北陸道を降り金沢駅へと向かいます。

金沢駅に到着、降車扱い後終点富山駅に向かいます。金沢東ICから北陸道に戻ります。

富山ICで北陸道を降り国道41号線で富山駅に向かいます。

15時5分に終点富山駅に到着しました。

大阪駅から約6時間高い視点で景色を楽しめた快適な旅が終わりました。

【乗車メモ】

路線名   北陸道昼特急大阪3号 

乗車日  2007年4月8日(日)

担当    西日本ジェイアールバス

乗車区間  大阪駅〜富山駅

座席    1号車4番C席(高速バスネット予約)

車両    三菱ふそうエアロキングハイウェイライナー

登録番号  石川200か264

社番    744-3988号車  

撮影機材  Canon EOS Kiss Digital N/EF-S17-85mm IS USM

記事リニューアル 2016年10月29日