大阪〜金沢線0101便(阪急バス2876号車)

この時の続きのレポートとなります、奈良交通の名古屋線で名鉄BCに到着。この後は北陸道高速バス金沢線で戻る予定だったのですが

大阪に戻り江坂の定宿に2週連続で宿泊というように予定を変更。。

そして翌日ホテルをチエックアウトした足取りも2週連続同じパターンとなりました。

江坂より梅田駅に向かい、そのまま梅田の乗り場に来ました。

まさか2週連続でこの光景を見るとは思いもしませんでした。

  

改札を受け4A席に座ります。

今回も車両は同じ仕様で最後部以外は独立シートの乗客定員29人乗りでトイレは床下。

シート回りはフットレスト、毛布、スリッパ。トイレ前のサービスコーナーにはセルフのホットコーヒー、お茶、おしぼりがあります。

他にはビデオ放映サービスがありますが、前回のような音楽サービスはありませんでした(´・ω・`)

発車時刻の8時になったのでバスは乗り場を離れ、金沢に向けて出発しました。

途中千里ニュータウンで乗車扱いを行い、8時21分吹田ICより名神高速道路へと入りました。

途中名神高槻で乗車扱いを行い、大山崎JCTから「京滋バイパス」を走行します。

20分ほど走行し瀬田東JCTより再び名神高速を走行します。

9時29分最初の休憩地、多賀SAに到着、ここで10分ほど休憩します。

休憩の後、バスは再び名神高速道路へ、10分ほど走行し米原JCTより北陸自動車道に入ります。

多賀SAより約1時間で、2回目の休憩地の北鯖江PAに到着しました。

10分の休憩後、バスは再び北陸道を走行します。

尼御前、北陸小松、松任海浜公園と降車扱いを行い、この先の金沢西ICで北陸道を降ります。

市内では片町、香林坊、武蔵が辻3か所で降車扱いを行います。

そして終点金沢駅前には12時11分に到着しました。

2週連続でこの路線に乗りましたが充実した車内サービスがあって飽きることはありません。

また機会があれば乗車しようかと密かに思っております。

【乗車メモ】

路線名 「大阪〜金沢線0101便」

担当   阪急バス

乗車日  2007年5月20日(日)

乗車区間 阪急梅田〜金沢駅前

車両   三菱ふそうエアロバス(西工C型ボデイ)

登録番号 大阪200か1328

社番   2876号車 

2015年3月3日記事リニューアル