北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

よさこい号 0101便 (阪急バス2891号車)

今から5ヶ月前の6月に高知に行って来ました。

その高知行きの行路として選択したのは定番のよさこい号で約15年ぶりの乗車となります。

これからその時のことを公開いたします。


朝食を済ませ起点の阪急梅田バスターミナルに戻ってきました。

ここから8時20分発のよさこい号で高知に向かいます。

前回の乗車は約15年ほど前、当時は昼行便も瀬戸大橋経由で運行しており山陽自動車道も高知自動車道も一部しか供用しておりませんでした。

今日はどんな風景が見られるのかを楽しみにしたいところですが、本日の座席は2B席、諦め半分の旅の始まりとなりました。

そしてこの車両が入線、乗車扱いが始まりました。

改札を受け車内に入ります。車内は最後部以外は独立シートの29人乗りでトイレが左にある西工ボデイ夜間高速レイアウト。

そのトイレの前にはコーヒー、お茶のサービスコーナー、上にはホットボックスがあり中におしぼりが入っています。

更に1A席前のコールドボックスの中には紙パックのコーヒーと緑茶が入っていました。

  

シートは可動式の枕、大型フットレスト、シートヒーター、マルチステレオのコントローラー付。各席には毛布、使いきりスリッパが予め置かれています。

予備席の1B席上のかごの中にはミュージック・ビデオサービス用のヘッドホンが入っており各自で取りに行くスタイルとなっております。

車両右側の階段下にはトイレがあり、その上のホットボックスにはおしぼりが入っております。

その前のサービスコーナーにはセルフサービスのホットの緑茶、コーヒーと冷水。1A席の前のコールドボックスの中にはコールドの緑茶とコーヒーがあります。

車内サービスを廃止する業者が多い中このように開業時と変わらないスタイルを貫く姿勢は立派だと思います。

そしてここで問題発生、自席2B席に行くと何故か他のお客さん座っていて、しかもお店を開いているような状態。

とりあえず空席の3C席に座り待機することにします。

ここで乗車扱いが終了、ドアが閉まり乗り場を離れました。

この便はこの先の乗車扱いがないので、そのままこの席で行くことしました。

大阪中央郵便局の前を右折。JR線の高架をアンダークロスし梅田ランプ東交差点を左折します。

そのまま道なりに進み福島6交差点を左折、福島駅の手前で右折し福島ランプから阪神高速池田線に入りました。

池田線は終点まで進みそのまま中国池田ICより中国自動車道へと入ります。

神戸JCTで山陽自動車道、三木JCTからは山陽道支線に進みます。垂水JCTを通過、本線料金所を通過し神戸淡路鳴門自動車道へと入りました。

舞子トンネルを抜けるとそこは明石海峡大橋。この席からは海面は遠目にしか見えないのですが何故か気分が高まります。

橋を渡るとそこは淡路島。淡路SAの観覧車が出迎えてくれました。

同SAを通過、約15分程走行したところで最初の休憩地の室津PAに到着しました

ここはトイレと自販機だけのシンプルなPAとなっております。

撮影を済ませ車内のサービスコーナーでコーヒーを作って自席に戻ります。

休憩時間も終了し、再び本線に入ります。

室津PAから約30分程で大鳴門橋を渡るとそこは徳島県、四国入りしました

鳴門本線料金所を通過し高松自動車道へ入ります。

次の板野ICで高松自動車道を降り、徳島県道・香川県道1号徳島引田線を走行します。

この道は4車線となっているので動きが悪くなることはありません、一体どこまで走るのかなと思っていると5分ほどで徳島自動車道の藍住ICまでやって来ました。

そのまま同ICより徳島自動車道(以下徳島道)へ入りました。

藍住ICからは対面走行区間となり速度は下がりますが交通量が少ないため運行には支障は無いようです。

約40分ほど経過したところで2回目の休憩地点である吉野川SAに到着しました。

休憩が終了し、バスは同SAを後にしました。

川之江東JCTで徳島道は終了、この先高知自動車道(以下高知道)に入ります。沿線の緑の山を見ると心が和みます。

前回よさこい号に乗車した時は高知道は建設中で国道を走行していたのですが、今では4車線の高速道路を走行。15年の歳月の長さを実感した次第です。

大豊ICの手前で大豊バス停の停車案内が入りましたが、本日は降車は無く通過します。

次の南国ICで高知道を降り国道32号線を走行し高知市街へと向かいます。

土佐電鉄の線路が見えたところで、阪急バスの「よさこい号」上り便と離合。

この後、知寄町1丁目、はりまや橋、高知駅に停車。高知駅でほとんどのお客さんが下車され、結局私一人が残ってしまいました。

この先土佐電鉄の路面電車と並行して走ります。

終点桟橋高知営業所には13時20分に到着しました。

約15年ぶりの高知の日差しは強かった、それが久しぶりにここに訪れた印象でした。

【乗車メモ】

路線名    よさこい号0101便

乗車日    2007年6月5日(火)

担当     阪急バス

乗車区間  大阪(阪急梅田)〜桟橋高知営業所

座席     1号車2B席→3C席に移動(発車オーライネット+日本旅行バスぷらざ発券)

車両     三菱ふそうエアロクィーン(西工SDボデイ) 

登録番号  大阪200か1681

社番     2891号車