「北陸道昼特急大阪2号」(西日本ジェイアールバス647-6975号車)

いまから3ヶ月前の話になります。

西日本ジェイアールバスが単独で運行している富山・金沢と大阪を結ぶ路線バス「北陸道昼特急大阪号」ですが、

開業時は全便ダブルデッカーで運用していたのですが7月から一部が3列ハイデッカ車の運用に変更となりました。

ちょうど関西に行く用事ができたので乗ってみることにしました。

金沢駅のバス乗り場にやってきました。

これから大阪駅行きの北陸道昼特急大阪2号に乗車します、ただ車両が配車されることは当然ながら明記されてはおりません。

同社の金沢営業所に所属の車両はセレガハイデッカ、ガーラハイデッカ、エアロバスの3車種。

さてどの車両が来るのかなと思っていたところで1台のバスが入線してきました。

なんとお目当てのセレガハイデッカが配車されました。

私にとって初めての新セレガとなりました。

改札を受け車内に入ります、その際にノリホをチラ見するとほとんどの席が埋まっておりました。

この車両は最後部まで独立シートになっている28名乗りとなっております。

本日アサインされたのは3C席でトイレ前の席。よって後ろに席がなく、ピラーが視野に入らない当たり席でした。

では肝心の車内設備ですが、シートは両側アームレストと大型ピロー付、足元には大型フットレストとレッグレスト

他には毛布、スリッパ、使いきりおしぼりがあります。

定刻の7時20分に金沢駅を出発しました。

この路線は金沢市内の乗降扱いはなく石川県道17号金沢港線通称金石街道と国道8号線を走行し金沢西ICに向かいます。

金沢駅を出発し約20分後の7時40分に金沢西ICより北陸自動車道に入りました。

途中徳光PA内の「松任海浜公園」で1名乗車がありました。案外途中利用はあるものですね。

高速に戻り次の北陸小松に向かいます。

今日は天気がいいので海がきれいに見えました。この先この黄色い建造物も見えてきました。

  

北陸道名物の美川 県一の町の看板ですね(´∀`)

ここで前を見るとパネルに「除菌イオン発生装置付きエアコン」の表示がありました。

この後、北陸小松、尼御前、福井北ICの3ヶ所のバス停に停車しましたが乗車はありませんでした。

8時50分に最初の休憩地の南条SAに到着、ここで15分の開放休憩となります。


休憩が終わって南条SAを後にしました。

次は敦賀ICで乗車扱いとなります。

その敦賀での乗車は無く即出発、本日の乗車は25名で確定しました。

9時56分に米原JCTから名神高速道路に入り、約10分ほど走ったところで2回目の休憩地の多賀SAに到着しました。

ここでも約15分の休憩となります。

休憩も終了し多賀SAを出発しましたが、前方の電光掲示板には「大山崎JCTから渋滞25Km」との表示が。

菩提寺PA近くで富山駅行きの「北陸道昼特急3号」のエアロキングとスライドしました。

京都府に入り大山崎JCTを通過、名神高槻の停車案内が入ったところで予告通り渋滞が始まりました。

とりあえず名神高槻は10分早着で通過しましたがこの先ノロノロ運転が続きます。

11時33分に吹田ICで名神高速道路を離れ大阪府道中央環状線に入り大阪市内へ向かいます。

国道423号線新御堂筋に入りましたが、ここも交通量が多くなかなか先に進みません。

11時52分千里ニュータウンに到着し1名降車。

バスは再び新御堂筋を走行します。

そして終点の大阪駅には定刻より10分遅れの12時18分に到着しました。

初めて乗ったセレガハイデッカですが、期待を裏切らない走りでした。

また機会があったら乗ってみたいと思います。

【乗車メモ】

路線名  北陸道昼特急大阪2号

乗車日  2007年8月9日(木)

担当   西日本ジェイアールバス

乗車区間 金沢駅〜大阪駅

座席   1号車3番C席(高速バスネット)

車両   日野セレガハイデッカ トイレ(ホイールベース間)付高速路線

登録番号 金沢200か19

※2013年9月23日記事リニューアル