北陸道特急の乗り旅ブログ

私が乗った高速路線バスの乗車レポートを公開しているブログです。 ※高速ツアーバスから移行したものは対象外としておりますので予めご了承ください。

「スイート号」(東北急行バス826号車)

北陸鉄道の仙台線で仙台にやって来ました。

この次のバスに乗るまで時間があるので地下鉄に乗り仙台城址などを周って来ました。

仙台駅に戻り昼食用の駅弁を調達し乗り場の東北急行バス仙台営業所にやって来ました。

ここからが今日のメインイベント、こちらのバスに乗って東京に向かいます。

今回東京に向かうのに選んだバスは東北急行バスのスイート号です。

本日のこの便にはいすゞガーラ2000スーパーハイデッカー車が配車されました。

改札を受け車内に入ります。

最後部まで独立シートが並ぶ乗客定員28人の夜間高速仕様のレイアウト。

  

車両中央にはトイレ、その前にはお茶のセルフサービス用の給湯器。その下には収納式洗面台があります。

これに加えて使い切りのおしぼりが用意されております。

  

そして自席は最前列の1A席ですが前の遮光スクリーンが下がっているのがちょっと残念なところです。

  

シート回りのアイテムはフットレスト、レッグレスト、アームレスト収納型のテーブル。そしてひざ掛け毛布があります。

これだけあれば長旅も快適に過ごすことが出来ますね(´∀`)

発車時間となりバスは乗り場を後にします。

仙台駅前を右折、仙台ホテル前のバス停で最後の乗車扱いを行います。

その後は金沢から来た道を通り、仙台西道路に入り直結する仙台宮城ICより東北自動車道に入りました。

交通量も少なめで流れは順調。最初の休憩地の国見SAに到着しました。

撮影と買い物を終えバスに戻りサービスコーナーでお茶を入れます。

10分の休憩もあっという間にが終了、東北道に戻ります。

風景は先週乗った上信越道同様山が中心となります。これで前面が見えればよかったのですが....

ここで仙台駅で買ったこの駅弁でお昼にします。

  

東京で売っているチキン弁当の東北バージョンです。今は販売していないようですが

昼食を済ませ車窓を見て過ごします。

国見SAを出発して約1時間経過したところで2回目の休憩地の那須高原SAに到着、ここで10分の休憩となります。

休憩を終え那須高原SAを後にします。

この先しばらく走行したところで下りのスイート号とスライド。車種は日野セレガR GDインターシティでした、次回はこの車両に乗ってみたいですね。

宇都宮ICを過ぎたあたりから3車線区間となり首都圏に近づいていることを実感します。

埼玉県に入り、最後の休憩地の羽生PAに到着。ここでは少し長めの15分の休憩となりました。

両側をバスで阻まれこのアングルでしか撮影出来なかったのが残念ですね(´・ω・`)

休憩を終え同PAを後にします。

この先川口料金所を通過、川口JCTから首都高速に入り東北道とはお別れとなります。

川口線、中央環状線、向島線と進みここまでは順調でしたが東武線をオーバークロスしたところで渋滞が発生。

  

まあ仕方が無いよねと思い東京の風景を眺めて行くことにしました。

  

箱崎で首都高を降り東京駅に向かいます。

最初の降車バス停東京駅八重洲通りに到着、ここで殆どのお客様が降車。

私を含めた2名が終点に向かいます。

16時18分終点の浜松町バスターミナルに16時18分に到着しました。

降車扱いを終えるとバスは乗り場を去って行きました。

仙台から約5時間30分、景色も走りも楽しめたバスの旅が終わりました。

今度は上り便に乗車したいですね。

【乗車メモ】

路線名    スイート号

乗車日    2007年10月28日(日)

担当      東北急行バス  

乗車区間   仙台営業所〜浜松町バスターミナル

座席      1号車1A席(発車オーライネット予約)

車両      いすゞガーラ2000スーパーハイデッカー

登録番号   足立230か826

社番      826号車